お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ごほうび旅行

一層ラブラブに!? 彼と一緒に行きたい世界の避暑地ランキング 10位:アラスカ、1位は?

避暑地9月とはいえ、まだ残暑が厳しい日本の夏。せっかく旅行に行くなら暑さから逃れて涼しいところに行きたいですよね。今回は「彼と避暑に行くならどこの国?」ということで、働く女子にアンケートをとってみました。みんなが行きたい場所はどこでしょう?

Q.暑い夏から脱出し、彼と避暑地に行くなら、どこに行きたいですか?

1位:フィンランド 22.7%
2位:カナダ 13.3%
3位:ノルウェー 12.0%
3位:オーストラリア 12.0%
5位:アイスランド 8.0%
5位:ニュージーランド 8.0%
7位:スウェーデン 6.7%
8位:デンマーク 6.0%
9位:アイルランド 4.0%
10位:アメリカ合衆国(アラスカ) 2.0%
10位:イギリス 2.0%
※その他は除く

■フィンランド

・「涼しそうだし、なんといってもマリメッコアウトレットに行きたいので」(29歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)
・「涼しくて過ごしやすそう」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「ムーミンにあいたいから」(24歳/医療・福祉/専門職)

涼しそうなイメージ以外にもマリメッコを始めとしたプロダクトやムーミン谷、サンタクロース村などの見どころも多いフィンランド。6月、7月頃が夏真っ盛り、8月には少しずつ気温も下がり始めるフィンランドは日本の残夏を抜け出す場所としては最適。ただし、日差しは強いので紫外線対策を忘れずに。

■ノルウェー

・「昨年夏1カ月行ってみて涼しくて自然が豊かで人も親切で癒されたから」(23歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「本場のサーモンを食べたいから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

フィンランドと同じく涼しいイメージのノルウェー。実際に行ったことがある人も、もう一度行きたいと思うほど良い国のようです。日本でもよく目にするノルウェーサーモンだけでなくシーフードがおいしいことでも有名なので、ぜひ試してみてくださいね。

■スウェーデン

・「豊かな自然とおしゃれな北欧家具をみたい」(25歳/電機/事務系専門職)
・「景色も治安も良さそうなため」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

自然が豊かなスウェーデンは避暑だけでなくアウトドアライフを楽しみたいという人にもおすすめの国。日本と同じ時期に夏を迎えますが蒸し暑さは感じず、日中でも日陰はひんやり。紫外線対策をしっかりしておけば、キャンプやバーベキューも快適に楽しめますよ。

■カナダ

・「オーロラを見たり、マイナスイオンを感じたり、ふつうのショッピングなどではなく、自然に触れることで相手も飽きずにリフレッシュできるのではと思うため」(24歳/情報・IT/技術職)
・「国の雰囲気が好きだし、空気もきれいだから」(25歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

カナダの夏も日本と同じ6月下旬から8月ごろ。広大な国土を持つカナダは地域によって気候も異なりますが、日本よりは湿度が低く過ごしやすいはず。カナディアンロッキーやナイアガラの滝など男性にも喜ばれそうな雄大な自然が楽しめるのも彼との避暑旅行にぴったりですね。

ジメジメした夏から逃げ出したいと思ったら一番に浮かぶのは北欧など緯度の高い国々。今回のアンケートでも冬に厳しい寒さを迎える国の名前がたくさん挙がっています。これらの国々はただ涼しいだけでなく、のんびりとした空気の中で大自然を満喫できるのも特徴の一つ。日頃のストレスを発散するためにも避暑旅行を実現させてみたくなりますね。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]