お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

学生時代の恋愛から成長したと感じること「常に連絡を取り合わなくてもOK」「男は数より質」

社会人になると自由に使えるお金も増えるので、デートの内容が充実してきますよね。学生時代と違って選択肢も多く、心の面でも成長することができるでしょう。みなさんは学生時代の恋愛から成長したと感じることはありますか? 働く女性にアンケートしました。

■「いつでも一緒」から卒業

・「学生時代はとにかく会いたかったけど、相手の仕事の忙しさとか理解するようになった」(30歳/電機/秘書・アシスタント職)
・「常に連絡を取り合わなくちゃいけない、という固定概念は一切なくなった」(28歳/不動産/事務系専門職)

同じ学校、同じクラスの男子と付き合えば、いつも一緒にいることが当たり前。しかし、社会人になれば、会う時間を合わせることも難しくなります。それを乗り切れたとき、大人の恋愛ができるようになるのかも。

■ありのままの自分でいられる

・「自分のことを素直にさらけだせるようになった」(27歳/金融・証券/営業職)
・「うやむやに付き合わず、言葉にするようになった」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

嫌われたらどうしよう……。そう思って言いたいことも言えなかったことはありませんか? 彼に対して意見を言える、キャラを作らずいつもの自分でいられるようになったのは、いろんなことに自信がついたからではないでしょうか。

■男を見る目を養った

・「ちゃんと人を判断できるようになり、だらしない感じの人には魅かれなくなった」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「変な男と付き合わなくなった。数より質だと思う」(32歳/医薬品・化粧品/専門職)
・「外見や肩書で相手を選ばなくなったこと」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

学生時代は顔や運動神経、学校の成績などで選びがち。でも、本当にイイ男とは、それだけではありませんよね。

■「許せる」ことも成長の証

・「すべてにおいて。特に、相手の嫌な部分もちがいとして受け入れられることが増えた」(30歳/学校・教育関連/技術職)
・「一方的ではなく相手のことを理解しようと思えるようになった」(30歳/その他/営業職)

ちょっとでも意見が合わないとケンカしたり、別れてしまったり……。学生時代はささいなことでも許せなかったりするものです。経験を積むことによって、許容範囲が広がったという意見も。

■大人の恋には余裕アリ

・「経済力が見についたので行動範囲が広がって楽しむ対象が増えた」(24歳/医療・福祉/専門職)
・「相手だけにならないように自分の趣味や友達付き合いを大切にするようになった」(31歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

お金だけでなく、時間の使い方にもちがいがあらわれるようですね。それぞれの趣味などを尊重したりすることで、無理なく関係を続けられるでしょう。

■見栄を張らない

・「友だちの彼氏と自分の彼氏を比較しなくなった」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

オンリーワンの彼がいれば、それで十分なんですよね。友だちの彼と比較してうらやましい! と思ってばかりいるのは、まだお子ちゃまなのかも。

互いに環境が変われば、付き合い方も変化していくでしょう。最初はトラブルもあるかもしれないけれど、それを乗り切ることで大人の女としても成長できたはず。これからもステキな恋とともに自分をブラッシュアップさせていきたいですね!

※『マイナビウーマン』調べ。2014年6月にWebアンケート。有効回答数235件。

(OFFICE-SANGA 藤井蒼)

お役立ち情報[PR]