お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

合コンでお目当てがかぶったとき、上手に出し抜く方法「○○ちゃんにみたいにかわいい子じゃあの人は釣り合わないよね」

仲のいい友だちと合コンに参加したとき、お目当ての男性がかぶってしまう可能性はなきにしもあらず。友だちとは険悪なムードになりたくないけれど、彼のこともあきらめられない……。そんなときにうまく出し抜く方法はあるのでしょうか? 働く女性に聞いてみました。

■友だちの気持ちは知らんぷり

・「かぶったことに気づかないふりをしてアピールする」(26歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「合コンの最中は気のないふりをしておき、後で猛アタックする」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

友だちが積極的にアタックしていても、あえて気づかないフリをする。そして偶然を装い、後から彼を攻めるパターンですね。

■あなたには不釣り合い

・「○○ちゃんにみたいにかわいい子じゃあの人は釣り合わないよね、と友人を持ちあげて付き合いにくい状況を作り、その間に自分がアタックする」(24歳/医療・福祉/専門職)

友だちを持ち上げて、もっとふさわしい相手がいるとそそのかすという手も。これなら悪い気はしないけれど、彼とうまくいったときには気まずいかも……。

■先手必勝!

・「トイレなどで、先に協力を要請する」(27歳/学校・教育関連/専門職)

自分が狙っていることを先に告げてしまうことで、友だちに遠慮してもらおうという作戦です。合コン中に2人で話すタイミングをつかむのが難しそう。

■もっとイイ人がいるって!

・「友だちにほかの男性をけしかける」(22歳/その他/事務系専門職)
・「ほかの男子のいいところを褒めてそっちに目を行かせる」(31歳/学校・教育関連/営業職)

誰かがほめていると、その人のことが気になってしまうこともありますよね。お目当て君以外のいいところをいっぱい探して、友だちにすすめてしまうべき!?

■私のせいじゃないから……

・「彼のほうから熱烈なアプローチがあったことを暗に示す」(26歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)
・「向こうから連絡が来たことにする」(27歳/情報・IT/営業職)

あくまで自分からアタックしたわけではないことをアピールすれば、彼が選んだのだから仕方ないと納得してくれるかも。

■水面下で動く

・「LINEを交換して、とりあえずしばしは会わずに交流する」(25歳/小売店/販売職・サービス系)
・「友だちが席をはずした隙にがんばる」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

友だちには見えないところでしっかりアピール! 友だちも同じ作戦かもしれませんが……。

■とにかく仲良くなること!

・「趣味など、一見恋とは無関係の話題で盛り上がる。たまたまいっしょだったように見せかける」(28歳/その他)

恋愛関係を狙わなくても、とにかく仲を深めることが大事。趣味の話に食いついたりすれば、次に会うチャンスをつかめそうですね。

どれもかなりうまくやらないと友だちとの関係をさらに悪化させてしまいそう。そういった意味では、簡単そうに見えて難易度が高いテクといえるでしょう。アンケートでは「正々堂々と勝負したい」「友だちならわかってくれる」という意見も多かったので、自信がないときには素直に告白したほうがいいかもしれませんね。

※『マイナビウーマン』調べ。2014年6月にWebアンケート。有効回答数235件。

(OFFICE-SANGA 藤井蒼)

お役立ち情報[PR]