お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

お嬢さま系女子とキャリア系女子、結婚するなら?→キャリア系女子:58.9%「お嬢さまは世間知らず」

お嬢さまかキャリアか結婚相手にどんな人を選ぶかによって、人生が大きく変わってしまうこともあるでしょう。お嬢さま系女子とキャリア系女子、男性は結婚するなら選びたいと思うのか? 男性の本音を聞いてみました。

Q.お嬢さま系女子とキャリア系女子、結婚するならどちらがいいですか?
 お嬢さま系女子……46人(41.1%)
 キャリア系女子……66人(58.9%)

キャリア系女子を選ぶという男性が半数以上を占め、お嬢さま系女子を上回る結果となりました。気になるのはその理由。まずは、多数派となったキャリア系女子を選ぶという男性の意見から紹介します。

■信頼度の高いキャリア系女子

・「しっかりしてそうだから」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「常識を持ってそうだから」(25歳/農林・水産/技術職)
・「真面目そう」(38歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

世の男性は、働く女性に対して信頼していることがわかりました。仕事ができる女性なら、日常生活も何かとテキパキこなしてくれそうです。

■結婚相手に望むものは「自立」

・「生活が楽そう」(27歳/金融・証券/専門職)
・「ある程度自立していて、しっかりしていて、面倒くさくなさそう」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「一人で何でもできそうなので」(33歳/商社・卸/営業職)

金銭的にも、生活面でも、女性に自立を求める男性は多い様子。夫の収入に頼らないキャリア系女子を妻にすれば、ゆとりのある結婚生活が期待できるかも?

■お嬢さまとうまくやっていくのは難しそう……

・「しがらみがなさそう」(23歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「一緒に向上できるような相手のほうがいいから」(28歳/建設・土木/技術職)
・「お嬢だと価値観が合わなそう」(28歳/医療・福祉/専門職)

「価値観の違い」というのは、ときに離婚理由としても挙げられますよね。それほど、同じ価値観を持つことは夫婦にとって重要なことなのでしょう。

■お嬢さま系女子の負のイメージ

・「人生経験がないとね」(31歳/情報・IT/技術職)
・「お嬢さまはわがままだから」(24歳/小売店/販売職・サービス系)
・「お嬢さまは世間知らずで嫌だから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

もちろん、人生経験豊富で気配りができて、世間のことをよく知っているお嬢さま系女子もいるとは思いますが……。やはり、そうではない人が多いのでしょうか?

キャリア系女子は「しっかりしている」というイメージがあり、伴侶とは常に対等な立場で、互いに高めあっていきたいと考える男性たちから支持されたようですね。

それでは続いて、お嬢さま系女子を選んだ男性の意見も見てみましょう。

■結婚するなら、清楚でかわいい女性

・「清楚で女性らしいから」(30歳/情報・IT/技術職)
・「家庭的そうだから」(30歳/金融・証券/専門職)
・「かわいらしいイメージなので」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

「箸より重いものを持ったことがない……」なんてお嬢さまを見ると、男心がくすぐられてしまうものなのでしょうか? 守ってあげたくなるのかもしれませんね。

■キャリア系は自分がいなくてもいいのでは?

・「お嬢さま系のほうが、守っていきたいという気にさせられる」(31歳/機械・精密機器/技術職)
・「キャリア系は1人でも生きていけそう」(37歳/通信/技術職)

キャリア系の場合、放っておいても生きていけそうなイメージがあるようです。「男は女を守るもの」という意識が強い男性ほど、お嬢さま系女子を好むのかもしれません。

■お嬢さま系女子と結婚すれば、家庭は平和?

・「キャリアは自分に自信を持ちすぎているから、謝らないので、ケンカが終わらない」(35歳/機械・精密機器/営業職)
・「キャリア女子は口うるさそうなため」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「キャリア系は、割と私生活がずぼらな感じはする」(34歳/情報・IT/技術職)

キャリア系女子に対するマイナスイメージが意見がズラリ。ガミガミ言われることを避けたいタイプは敬遠してしまうのかもしれません。

■お嬢さま系女子を妻に持つメリット

・「結婚して、安らげそうだから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「ほんわかした家庭が築けそう」(31歳/医療・福祉/専門職)
・「お金に困りそうにないので」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

実家がお金持ちだと、自分たちも悠々自適に暮らせる!? どうしてもお金に困ったときには実家を頼れる、というメリットはあるかもしれませんね。

今回のアンケートでは、男性が思うお嬢さま系女子とキャリア系女子のそれぞれの魅力がわかりました。「どちらでもない」という人もいると思いますが、ときには、気になる異性の好みに合わせて、自分を演出してみてはいかがでしょうか。

※『マイナビウーマン』調べ。2014年6月にWebアンケート。有効回答数 男性112件。

(OFFICE-SANGA 森川ほしの)

お役立ち情報[PR]