お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

上半期BL電子書籍ランキング、桜日梯子『抱かれたい男1位に脅されています。』が第1位

BLコミックTOP10

「eBookJapan」を運営する、イーブックイニシアティブ ジャパンは、上半期に最も読まれたBLジャンルの電子書籍を集計し発表した。

【ネットで買う物、男性1位「書籍」女性1位「洋服」】

上半期、一番読まれたBLコミックは、BL界で2013年「一番売れた新人」として注目される桜日梯子の、2冊目のコミックス『抱かれたい男1位に脅されています。』。ピュアなキラキラ若手俳優とプライドの高いベテラン俳優が織り成す、芸能界を舞台とした王道ラブストーリー。驚異的な画力とバランスの良さが、BL好きの人々の心を掴む。

第2位は、実写映画化で話題になったヨネダコウのヒット作『どうしても触れたくない』のスピンオフ作品『それでも、やさしい恋をする』。誰かを好きになる切なさと幸せが詰まった、大人同士の純愛ラブストーリー。 第3位は、「このBLがやばい!」2014年度第3位を獲得した『10DANCE』(井上佐藤著)。BL界では珍しい本格的なダンス業界を舞台とした話題作。

上半期のBLコミックは、新人作家が台頭する結果となった。門地かおりや日高ショーコなどのベテラン作家や、「ワルイコトシタイシリーズ」などの長編シリーズも、変わらず名を連ねている。

BL小説TOP10

一方、BL小説は、2013年に引き続き、『美しいこと』(木原音瀬著)が第1位。木原音瀬の、“BLの枠を超えた名作”と誉れ高いロングセラー作品。限定発行された幻の続編『愛すること』がデジタルで復活したのも話題。

第2位は、高岡ミズミの人気長編作品『VIP』。ヤクザの若頭とVIPが集う高級会員制クラブマネージャーが織り成す、極上の男たちの恋物語。第3位は、丸木文華の初シリーズ作品『記憶喪失男拾いました~フェロモン探偵受難の日々~』。謎の行き倒れ記憶喪失男とトラブル体質の美形探偵の扇情的なラブコメディ。

上半期のBL小説では、木原音瀬や榎田尤利、崎谷はるひなど、文章力に定評のあるベテラン作家や、「VIP」や「交渉人シリーズ」などの長編シリーズものが複数ランクインする結果。

※BLとは「Boys Love」の略。男性同士の恋愛を描いたマンガや小説などのジャンル。

(エボル)

お役立ち情報[PR]