お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

【山形限定】「鳥海山を越えるイヌワシのはずが、なぜか博物館の展示寄りに……」キティちゃん

全国各地のお土産物売り場で、見かけたら買わずにいられなくなるお土産物といえば? そう、ご当地キティです。そのご当地キティを47都道府県別にご紹介していきます。今回は山形県限定の「鳥海山を越えるイヌワシのはずが、なぜか博物館の展示寄りに……」キティちゃんをご紹介します。

鳥海山は、山形県と秋田県にまたがる標高2,236mの活火山です。

山頂に雪が積もった姿が富士山にそっくりなため、出羽富士とも呼ばれています。

その鳥海山に生息するイヌワシは、国の天然記念物。

このキティちゃんの大きさだと、標高2,236mにもなる大きさの鳥海山をはるかに上回る大きさに見えますが、全長90cm程度、翼開張時には2m程度のワシです。

……とはいっても、十分大きいですよね。

キティちゃんも、このイヌワシの迫力ある姿を表現したかったのでしょう。

大きすぎですけど。

鳥海山の山頂付近には夏場にも溶けない万年雪があり、氷河の痕跡も存在しているそうです。

そのため、昔は鳥海山山頂に氷河があったのでは……という説もあります。

キティちゃん、その鳥海山の透明な氷河の上に乗れば、飛んでいるように見える……と思ったのかも?

でも残念ながら、透明な氷河がまる見えです。

イヌワシが今まさに鳥海山を越えようとしている……のではなく、限りなく博物館の展示寄りになっていますよ、キティちゃん。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]