お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

モテるかモテないかは環境次第!? 「非モテ女子」がモテるようになった理由4つ

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

いくら自分磨きをしても、なかなか彼氏ができずに悩んでいる人、いませんか? 自分がモテないのは容姿が悪いからとか、努力が足りないからだと思っている人もいるかもしれません。実は環境が変わるだけで、今までまったくモテなかった女子が、急にチヤホヤされたり、彼氏ができたりという例があるようです。働く女子たちに実例を聞いてみました。

転職先で逆ハーレム状態に

「女性が多く、どうしてもギスギスした雰囲気になることが多かった前職場。社内のモテる男性をめぐるドロドロした色恋沙汰に巻き込まれたり、傷ついたり……。ところが、転職したとたん状況は一変。10人程度の小さな会社で、そのうち女子は私ひとり! みんな何かと気にかけてくれたり、飲み会となるとチヤホヤしてくれたり。私を奪い合うってほどじゃないけれど、ちょっと女王様になった気分」(28歳/IT)

女性がひとりいるだけで働くモチベーションがちがうという男性も、少なくないようですよ。ここはありがたく女王様気分を味わいましょう。

10年越しの彼氏と別れて

「20歳のときから30歳まで、10年も付き合ってきた彼氏と別れた。初めてできた彼氏だったのと、あまりに長い年月だったことで喪失感が大きかった。でも、これまで友だちとして付き合ってきた男子から飲みに誘われたり、『彼氏と結婚すると思ってたから言えなかったけど……』と告白めいたことをされたりするうちに、人生捨てたもんじゃないと思えるようになった」(32歳/小売)

長く付き合ってきた夫婦のような恋人同士は結束力が固く見えるため、狙うほうは恋心を抑えてしまいがち。別れたと知るや行動に移す男性は、意外といるのかもしれません。

いつもとちがう友人グループで

「大勢で集まるときには顔を合わせるけど、特別仲がいいわけではない女友だち。ある日『イベントがあるからおいでよ!』と誘われたのですが、あまり乗り気ではありませんでした。でも、彼氏いない歴3年を突破し、そろそろ出会いがほしいと思っていたので参加。すると、イベントに来ていた初対面の男子たちからモテるモテる! その中にいた年下君と、今付き合っています」(26歳/出版)

いつも決まったメンバーで遊んでいると、気は楽だけど恋が生まれる可能性は低くなっていくもの。思い切ってちがうグループに飛び込むことで、自分はもちろん相手も新鮮な気持ちになるのかもしれません。

引っ越した先のバーで

「郊外から渋谷区へと引っ越し、ガラッと環境が変わった。マンションの近くによさそうなバーを見つけたので、近くに住む友だちと入ってみると、おしゃれでイケメンな先客がいっぱい……。こんなにおしゃれな男性に囲まれたことがなかったため、2人してドギマギしていたら、案外みんな気さくに声をかけてくれた。マスターともどもすっかり打ち解けて、それ以来行くたびに『○○ちゃん元気?』『今度キャンプ行こうよ』など、いつもノリよく声をかけてくれるのですっかりハマっています」(30歳/IT)

まさにイケメンの天国! 都会ならでは(?)の人とのつながりもいいものですね。

「どうせモテないし……」とくすぶっている人は、思い切って自ら環境を変えてみれば、思ってもみなかった出会いが待っているかもしれません。モテるかモテないかは、あなた次第……?

(立原麻里+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]