お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 快眠カフェ

これでグッスリ!? 女子が実践する「眠れないときの対処法」9選

睡眠は、女子にとって美と健康を維持する上で大切なもの。きちんとした睡眠習慣を身につけて、どんなときも美しくありたいですよね。でも、頭ではちゃんとわかっているのに、ときには「どうしても眠れない!」という日もあるものです。そんな日に、女子のみなさんはどうしているのでしょうか? アンケートで聞いてみました!

■耳から

・「ラジオを聴いています。クラシックを聴いていると眠たくなります」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

深夜でも意外といろいろな番組が楽しめるのが、ラジオの魅力。中には、眠れない人のための番組も存在します。枕元のスマホで、ネットラジオを探してみては?

■目から

・「すぐに眠ろうとするのを諦めて、本を読んだりする」(28歳/自動車関連/技術職)

本を読むなら、一度起きて気持ちを切り替えて楽しむのがオススメ。眠くなるのを自然に待ちましょう。

■口から

・「ホットミルクに蜂蜜を入れて飲む」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

ストレスや冷えなど、眠れない原因を取り除いてくれるホットミルク。苦手な人にはホットココアもオススメですよ。

■学生のころの習慣を利用!?

・「寝るのを諦めて勉強しはじめると眠くなる」(33歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

学生のころの習慣は、ぜひ積極的に使うべき!? 眠くなってもならなくても、結果オーライですね。

■絶好のチャンスです

・「これからやりたいこと・行ってみたい場所など楽しいことを考える。お給料が出たら何を買うか計算して頭を使う」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

眠れない夜は、妄想を楽しむ絶好のチャンス! ただし楽しい妄想で興奮しすぎないよう注意です。

■神様!

・「目をつぶって眠れるように祈る」(32歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

自分で何をやってもダメだったのなら、もう残る手段はこれしかない!? でも、こんなお祈りをされても、神様も困るかも……?

■今日から実践できるかも?

・「何も考えないよう努める。無、という漢字を思い浮かべる」(30歳/学校・教育関連/専門職)

ぜひ実践してみたい、こんな意見もありました。頭の中を強制的にボンヤリさせて、眠りにつきましょう!

■横になるだけでも十分

・「部屋を暗くしてベッドに目をつむって横になり、眠くなるのをじっと待つ」(27歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

眠ることができなくても、体を横にしているだけで疲れは取れます。次の日は嫌でも早めにベッドに入りたくなるはず! 眠れなくても大丈夫と、まずは自分を安心させてあげましょう。

■余計眠れなくなるNG習慣!

・「ついついネットサーフィンをしてしまう。そして余計に眠れなくなる」(29歳/融・証券/秘書・アシスタント職)

誰もがやってしまいがちな習慣がコレ。しかし余計に眠れなくなるNG習慣です。眠りたいなら、やめましょう。

いかがでしたか? みなさん、さまざまな対処法があるようです。女子に睡眠が必須なのは紛れもない事実ですが、ときには「眠らなくても大丈夫」と割り切ることも必要なのかもしれません。それが逆に、心地よい睡眠につながるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年5月にWebアンケート。有効回答数283件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]