お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

告白する女 VS 告白される女、どっちが幸せになれる?

ハートのクッションを持った女性

女性というのは、愛されてこそ幸せになれるもの? それとも、自分が心から愛する人と一緒にいるのが幸せ? そんな疑問を抱いている女性も多いはず。「告白する」場合と「告白される」場合では、どちらが幸せになれるのでしょうか。働く女性の本音を聞いてみました。

Q.男性と交際をはじめるときには、自分から告白するのと告白されるのでは、どちらが幸せになれると思いますか?

告白する……44人(17.1%)
告白される……214人(83.0%)

全体の8割を超える女性が「告白される」を選びました。「女は愛されてナンボ」といったところでしょうか。それでは、その回答理由を見てみましょう。

■告白されたほうが何かと得!?

・「自分より相手の想いが強いほうが、尽くしてくれるし優しくしてくれそうだから」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「愛されるほうが楽ですから」(31歳/生保・損保/営業職)

・「とりあえず主導権を握れるから」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

恋人同士に上下関係などない! と思いたいところですが、告白した人は立場が下、されたほうが上という面は、確かにあるのかも。

■心のメリットが得られる

・「『好かれている』という自信になるから」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「自分が必要とされていることを実感できるから」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「想われているほうが、精神的に満たされると思うから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

「愛されている」と実感できれば、それは何よりの幸福感となりそう。告白してもらえれば、それがわかりやすく伝わりますよね。

■男という生き物の性質上……

・「男は自分で告白しないと、無責任だから、すぐ飽きる気がする」(32歳/金融・証券/専門職)

・「女性が追われるほうが円満な気がする。男性は追われると、こいつは浮気してもついてくる、という発想になりそう」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「男性は調子こくとうざいので」(24歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

男性が全員、無責任とは言いませんが……。好かれていると思うと、安心して大切にしなくなる男性は、残念ながら少なくないような気もします。

■追いかけさせるのが一番!

・「男の人が積極的な恋愛のほうがうまくいくことが多いから」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「追いかけてもらっていたほうが長続きする。男性は狩りをする生き物だから」(30歳/学校・教育関連/専門職)

男は狩る、女は家を守る。それが人間という生き物の本能なのだとか。そう考えると、男性から告白するほうが自然なのかもしれませんね。

■経験から実感

・「結局、告白された人と結婚して今が一番幸せだから」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「今の彼は、私が告白してつき合った。だから、常にふられるんじゃないかという不安がつきまとって、なかなか本音が出せない」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

これまでの経験から、告白されてはじまる恋が一番だと感じた女性も多いようです。

続いて、「告白する」派の意見も見てみましょう。

■受け身の恋はうまくいかない?

・「告白されると受け身になりがちだから」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「告白される側だと、その場の雰囲気に流される可能性もあり、本当に相手を好きでつき合ったのかが後々不安になるから」(24歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「今まで告白されてつき合うことのほうが多かったが、最初のころは私のことを好きでいてくれる気持ちが大きいが、次第に好きな気持ちが薄れて、別れを告げられるパターンが多い」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

男性から告白された場合、交際スタート時に男性の気持ちがMAXで、その後は下降するのみ……。そんなケースはたしかにありそう。

■いろいろ我慢できるかも

・「自分が好きになった相手のほうが、欠点があっても許せる気がする」(29歳/情報・IT/専門職)

・「自分が好きだと思っているほうが、腹の立つことが少ないだろうと思います」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

「惚れた弱み」というヤツですね。この気持ちが恋を長続きさせるのかもしれません。

<まとめ>

長期間の交際や結婚まで視野に入れるなら、どちらから告白したのかなんて些細なことかもしれません。しかし、それによって2人の関係性が微妙に左右されてしまうのも事実。自分から告白するか、それとも相手から来るのを待つか。慎重に検討したい問題です。

※『マイナビウーマン』調べ。(2014年4月にWebアンケート。有効回答数258件。22~34歳の働く女性)

(OFFICE-SANGA 森川ほしの)

お役立ち情報[PR]