お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 しあわせ婚準備

結婚式で新郎に歌ってほしいのは? 福山雅治『家族になろうよ』、嵐『One Love』

花を持った男性結婚披露宴の余興で、定番なのが「歌」! 友人に歌ってもらうのもいいですが、新婦の心にストレートに響くのは、やはり「新郎の歌」なのかも……? そこで今回は、働く女性のみなさんに、「結婚式で新郎に歌ってほしい曲」を具体的に教えてもらいました。

■福山雅治

・「福山雅治『家族になろうよ』。結婚式にぴったりの、心があたたまるいい曲だから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

非常に多くあったのが、永遠のイケメン!? 福山雅治さんの『家族になろうよ』です。両親への感謝と新婦への愛情、そして未来への決意がうかがえるような歌詞に、会場中が感動できるのではないでしょうか。

■嵐

・「One Love。100年先も愛を誓うなんてすてきだから」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

アイドル系で目立ったのが、人気抜群、嵐の楽曲です。新郎だけでなく、ぜひ友人も一緒に完璧なダンスで披露してほしい!?

■Mr.Children

・「ミスチルの『君が好き』。守ってくれて愛してくれそう」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「ミスチル『抱きしめたい』。ミスチルのファンだから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

アラサー女性にとって、青春とともにあったのがMr.Childrenの名曲です。このほかにも「365日」や「GIFT」といった曲を挙げる意見も。青春の一曲を選んでみては?

■ウルフルズ

・「ウルフルズの『バンザイ』。からっとしていて明るい歌だから楽しくなりそう」(30歳/電機/秘書・アシスタント職)

こちらはなんと、18年前のヒット曲です。「君を好きでよかった」という気持ちで「バンザイ!」と言ってくれたら、思わずホロリとしてしまいそう! 結婚式を湿っぽくしたくない方にもオススメの一曲です。

■レミオロメン

・「声質的に、レミオロメン。結婚式だから『3月9日』かな」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

披露宴で使われる曲としても人気が高いレミオロメン。新郎がフィナーレで「3月9日」をうたい上げてくれたら、さぞ感動的になるのではないでしょうか。歌には自信がない……という場合には、BGMとして活用するのもいいですよ。

■スマップ

・「SMAPの『らいおんハート』。君を守るため生まれてきたという歌詞が素敵」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

「歌詞が好き」という意見が目立ったのが、SMAPの「らいおんハート」です。男性にとっては少々恥ずかしいかもしれませんが、だからこそ一生の思い出になるでしょう。

■2人だけの思い出の曲

・「ナオトインティライミ。『夏音』。歌詞に共感。自分たちのことを言っているような歌詞なので」(29歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「秦基博。『鱗』。遠距離していたときの思い出の曲なので」(30歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

新婦にだけ、その曲に込めた気持ちが伝わる! そんな一曲を選んでほしいという意見も多数ありました。2人の思い出や、式に至るまでの軌跡が走馬灯のように思い出せそうですね。こんな「思い出の曲」があるならば、ぜひ選択してみては?

アンケートの結果、もし新郎に披露宴で歌ってもらうなら、「新婦への愛情」を感じられる一曲を選んでほしいと考えていることが分かりました。サプライズでこんな演出をしてくれたら、思わず涙してしまう女性も多いのかも……?

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数298件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]