お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

バナナ、チョコレート、ジュース……アウトドアやレジャーにこんな食べものを持って行くとアウト!?

春から初夏にかけて過ごしやすい季節は、ついピクニックやハイキング、登山といったアウトドアやレジャーに出かけたくなるものです。彼と二人でピクニックデートに出かける方も多いとは思いますが、持って行く食べものによっては、楽しいはずのデートを台無しにしてしまうことがあります。ではどんな食べ物を持っていくと、「やっちゃった」ことになってしまうのでしょうか。働く女子にアンケートをとってみました。

■溶けてしまう食べ物

・「チョコレート。溶けてしまったので」(23歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「あめ。溶けてベタベタに……」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「カマンベールチーズ。開けたら暑さで溶けてた」(30歳/学校・教育関連/専門職)

夏に向けて日差しが暑くなってくると、溶けやすい食べ物はバッグの中でとんでもないことになってしまいます。チョコレートやアメなどといった、甘い食べ物を持って行きたいのなら、溶けにくいタイプのものを選んで持って行きましょう。

■果物系の食べ物

・「メロンです。種が多すぎて、捨てるのに困りました」(30歳/その他/その他)

・「バナナ。傷みが早い」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「果物。皮とかゴミがかなり出て、これが邪魔になる」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

果物は口の中をさっぱりしてくれたり、食後のデザート感覚で持って行きたいという方も多いのではないでしょうか。しかし、傷みが早いものや皮などのゴミがでるので、カットフルーツなどがベストかも。

■つぶれやすい食べ物

・「サンドイッチ。カバンの中で押しつぶされていた」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

・「ポテトチップス。開けたら粉々になっていた」(25歳/電機/事務系専門職)

せっかく楽しみにしていた食べ物でも、つぶれてしまうと、食欲も失せてしまうことにもなりかねません。つぶれやすいものを持って行く場合は、荷物の中の一番上に置くなどといった配慮が必要。

■のどがかわいてしまう食べ物

・「クッキー。のどが余計に渇く」(26歳/金融・証券/営業職)

・「ジュース。重いし、のどが余計に渇いたから」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

クッキーやジュースなどはピクニックの定番とも言えますが、お茶やお水を用意しておかないと、のどがとても渇いてしまいます。結果的に荷物が多くなってしまうようになることも。

■まとめ

せっかく楽しいピクニックデートでも、持って行く食べ物によっては、楽しさも半減してしまうこともあります。事前にデート日の天候や気温などのチェックをしておき、その日に適した食べ物を持って行くようにしましょう。暑い日ならば、凍ったお茶を持って行くなどいったちょっとした気遣いで、彼を喜ばすことができるかも。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数196件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]