お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

フリーをイラつかせる、リア充女子のひとこと「早く彼氏を作った方がいいよ」「ひとりで寂しくない?」

ハートのクッションを抱きしめる女性素敵な恋人や夫がいて、毎日幸せいっぱい! そんな、いわゆるリア充女子は、フリー女子の気持ちがなかなかわからないかもしれません。悪気の有無に関係なく、何気ないひとことが非リア充女子を怒らせてしまうことは多いようです。今回は、働く女性が実際にイラッとした発言を紹介します。

■「フリー=性格に難アリ」みたいに言わないで!

・「性格に問題さえなければすぐできるよ。さすがにむかついたので、ほぼ絶縁状態に」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「あんたは理想が高いから、と。まるで選り好みしているみたいに言われて腹が立った」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「彼氏持ちの知り合いに『フリーなのは性格に問題があるからじゃないの?』みたいなことをやんわりと言われてムカっとしました。そのときは話を流して、それ以降は顔を合わせても雑談はしないようにしています」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

アドバイスのつもりかもしれないけれど、非リア充女子にはムカッとくる様子。性格がいいから恋人ができる、恋人がいないから性格に問題がある……とは限りませんよね。

■なぜ上から目線なの!?

・「大してうらやましくもない旦那さんとラブラブな友人に、ラブラブでうらやましいとお世辞のつもりで言ったら、『結婚がすべてじゃないよ』と上から目線でアドバイスされて無性に腹が立った」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「『このままじゃ一生結婚できないよ』。相手は冗談で言った言葉が、心にグサッとささった」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「同い年の既婚の友だちに『私のまわりはみんなもう結婚してる』と言われた。それが原因ではないが、その後、疎遠になった」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

結婚すること=偉いなんて誰が決めたの!? 悪気がないのかもしれませんが、とにかく早く結婚しなくてはならないように言われると、腹が立ってしまいますね。

■簡単に言わないで!

・「早く彼氏を作った方がいいよ、と言われた。そりゃ~ほしいけども、なかなかできないんだよ、とムカついた」(27歳/機械・精密機器/営業職)

・「そろそろ結婚に対して焦ったほうがいいんじゃない? と既婚の友人に言われたときはショックでした。お見合いや飲み会への参加など、自分なりに頑張っていた時期だったので複雑でした」(32歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「すぐ見つかるよ~と軽く言われたけど、見つかるわけない!!」(33歳/その他/クリエイティブ職)

人生、恋人や結婚がすべてではありません。しかし、心の底で焦り感じているフリー女子は多いもの。そこを突っつくような真似は勘弁してください……。

■なぜそう決めつけるのか?

・「『暇そうだよね』。彼がいないからといって暇なわけじゃない!」(27歳/機械・精密機器/技術職)

・「『幸せ見つけてね』。フリー=不幸というイメージを押し付けられたと思った」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『ひとりで寂しくない?』と言われたときはちょっとショックでした」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

フリー女子は暇、不幸、寂しいなんて、決めつけてかかるのは厳禁! 恋人や夫がいなくても、充実した毎日を過ごしているフリー女子だって、たくさんいるんです!

■なぜ、そんなことを言われなくてはならないの?

・「『彼氏もいない人間に恋愛相談とか、できないし』と仲間はずれにされた」(23歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

・「『子どもがいないと一人前ではない』と言われた。子どもどころか彼氏もいないのに」(32歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「『パートナーがいない女は最低』みたいなことを言われた」(30歳/不動産/事務系専門職)

フリー女子でも恋バナはしたいし、一人の大人として毎日頑張っているんです! ここまで言われる筋合いはありませんよね。

■ただのノロケ話もけっこうキツイ

・「『彼氏がやさしくて困る』。ウザイのであまりその友だちとはつき合わなくなった」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「フリーのときは、ノロケがすべてムカつく」(27歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「彼氏なんかいないほうがいいよー面倒だし。という愚痴風自慢」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

彼氏ができると、ついノロケたくなる気持ちはわかります。しかし、それも度を超すと考えもの。相手がフリー女子なら特に、少し控えるくらいの配慮が必要かも。

この記事を読んだ人の中には、きっとリア充女子もいることでしょう。日ごろの自分の言動が、フリー女子をイラつかせていないかどうか、振り返ってみてはいかがでしょうか。そして、フリー女子のみなさん。いつかリア充側にまわったときにも、今の気持ちを忘れないでいてくださいね!

※『マイナビウーマン』調べ。2014年4月にWebアンケート。有効回答数219件。

(OFFICE-SANGA 森川ほしの)

お役立ち情報[PR]