お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

意外と知らない知識「ワインの種類で飲むグラスの形状が違うのはなぜ?」

ワインをよりおいしく飲むためには、グラスの形状にもこだわりたいものです。ボルドー型は丸く大きめのカップが特徴で、あまり酸味のないワインに向いています。口の幅が狭くなっているブルゴーニュ型は、香りを楽しみたいときや酸味の強いワインにおすすめです。

【意外!デトックス効果が期待できるのは赤より「白ワイン」】

冷やして楽しむ白ワインの場合は、赤ワインよりも小ぶりのグラスで、ステム(脚)が長いものを選びます。赤・白両方を楽しめるグラスもありますが、それぞれの味や香りを楽しむためにも、同じグラスで種類の異なるワインを飲むのは避けましょう。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]