お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

まじか! 男子に聞いた「付き合って初めてわかった、ショックを受けた彼女の言動」6つ

彼女と付き合い始めると、それまで知らなかった相手の一面を知ることができますね。いい面も、そしてときには付き合う前には思いもよらなかったような彼女の言動に遭遇することもあるのです。働く男性に、付き合ってから初めて知った、「まじか!」とショックを受けた彼女の言動を具体的に教えていただきました。

■求む! 女子力

・「料理がまずい。カレーをまずく作ったとき。カレーって誰でもおいしく作れるんじゃ……」(30歳/商社・卸/営業職)

・「掃除が苦手なところ」(33歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

料理ができないことに「まじか!」とショックを受けるコメントが多く寄せられました。働く男子とお付き合いする場合、やはり料理と掃除は避けては通れないポイントです。

■その言葉づかいは一体!?

・「『このクソババア』という発言」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「車を『ブーブ』と言っていた」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「おばさんみたいな口調」(27歳/電機/営業職)

・「年収を言ったときに『それしかもらっていないの?』」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「店員に上から目線」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

料理に対するコメントと同じ位に多かったのが言葉づかいにショックを受けるコメントです。男子たちはあなたの言葉づかいを意外と厳しくチェックしているのです。

■恐るべき事実

・「風呂に入らない」(31歳/自動車関連/技術職)

・「脇毛ボーボー」(28歳/情報・IT/技術職)

・「彼氏いない暦=年齢」(26歳/通信/技術職)

知ってしまった事実。知らなかったほうが幸せだったかもしれません。でも知ってしまった以上、どうしたらいいのでしょう。

■そのライフスタイルは

・「バスタオルを頻繁に洗わない。『お風呂に入ってから使うんだから、汚くならない』と言っていて、ショックを受けた」(26歳/情報・IT/技術職)。

・「意外とごみの分別がいい加減で、別にそれで構わないと言われたとき」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「寝るときに電気をつけて寝ていることを知り、ショックを受けた」(30歳/情報・IT/技術職)

価値観の相違ではあるけれど、やはり知ってしまうとショックですね。それぞれ自分が正しいと思っている分、溝を埋めるのが難しい?

■その嗜好(しこう)は……

・「宗教に熱心だった」(食品・飲料/技術職)

・「ワニが好き」(27歳/金融・証券/営業職)

・「オタクの趣味があって、詳しすぎた」(32歳/学校・教育関連/専門職)

個人の趣味・嗜好(しこう)とはいえ、あまりにもとがった嗜好(しこう)はドン引きの対象に。「グリーンピースが食べられない」(33歳/通信/事務系専門職)ことも大ショック?

■金と暴力

・「腹が立ったら、モノを壊したり、暴力を振るう」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分がほしくなったものは借金してでも手に入れること」(26歳/建設・土木/技術職)

・「貯蓄がない」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

これには男子といえども「まじか!」と引いてしまいますね。これだけはやめてほしいラインを自分の仲で引いておいたほうが、よいお付き合いができそうです。

「まじか!」とびっくりする彼女の言動。好きな気持ちが大きいほど、ショックも大きくなりそうです。付き合い始めて相手の意外な一面を知るのはお互いさまともいえますが、これを乗り越えられるかどうかが正念場かもしれません。いつの日か笑い話に昇華されるといいですね。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年4月にWebアンケート。有効回答数112件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]