お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

実は地雷!? 彼を怒らせてしまった、私の何気ないひとこと「また覚えてないの?」「何か用?」

彼氏に怒られる助成男心は意外と繊細なもの。女性にとっては何気ないひとことでも、男性にとっては実は「地雷」発言だったりすることがあります。そこで今回は、彼を怒らせてしまった何気ないひとことについて、働く女性に聞いてみました。

■悪口を言ったつもりはないのに……

・「彼の友だちに変わった人がいたので、ズバリ『変な人だね』と言ったら、友人を悪く言うなと叱られました」(31歳/自動車関連/事務系専門職)
・「耕平という名前の彼に、耕して平らにするって名前面白い~と笑ったら、マジ切れされました。人の名前をバカにしてしまったので、さすがに私が悪いです。そのあとすぐにフラれたので、やっぱりそれも原因になったのだと思います」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「彼の母と兄嫁さんのトラブルの話を聞き、『それはお義母さんがおかしいよね』と正論を言ったらキレた。『ママを悪く言うなんて許せない!』だったのでしょう。トラブルの内容は、彼母が普通にお兄さんと結婚しただけのお嫁さんを『泥棒猫』と罵った、という内容だったので、どちらが悪いかは明確なはず」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

友だちや家族、名前などの話題は要注意。悪意がなくても、悪口のように聞こえてしまうことが多いですよね。

■男の妙なプライド!?

・「また覚えてないの? と忘れっぽい彼に言った。すねてしまった」(34歳/医療・福祉/専門職)
・「彼が運転しているときに、壁ギリギリまで寄ったので『超こわい』と言ったら、運転が下手だと思ってんの? とキレられた。しばらく無言の時間が続いた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「沖縄から帰ってきて、日焼けを笑ったら怒られた」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

男性は誰しも、妙なプライドを持っている様子。気になることがあっても、心にしまっておいたほうがいいことも。

■外見の話は地雷率高し!

・「小太りの彼に『太った?』と聞いたら、痩せていたらしく怒ってしまった。しばらく機嫌が悪かった」(25歳/農林・水産/営業職)
・「髪が薄くなってきたと言ったために怒られました。謝るのも変なので、あまり目立たないけどとフォローに必死でした」(30歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「身長が低めでコンプレックスだった(らしい)彼に、低身長お笑いタレントの悪口を言ったら、嫌味を言われていると勘違いしたらしく怒ってしまった。そんなつもりはなかったと謝り、一度は仲直りしたけど、喧嘩のたびにそのことをネチネチぶり返し言ってきたので、嫌になり別れた」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

気にしていないように見えて、実は意外と外見についてのコンプレックスを抱えている男性は多いよう。自虐ネタにしていたとしても、他人に指摘されるのはイヤなようです。

■「嫉妬深い男」たち

・「会社の飲み会を何気なく事後報告したら怒っていた。先に教えていなかったのがあまりよくなかったらしい」(30歳/不動産/事務系専門職)
・「土砂降りだったから会社の先輩に家まで送ってもらった、と告げたら、迎えに行くからやめてと怒られた。軽率だったと謝ったら許してくれました」(24歳/不動産/事務系専門職)
・「職場の人との楽しい話をしたら、やきもちをやいた」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

軽いやきもちならかわいいですが、あまりに嫉妬深い男性が相手では、地雷が多くて困ってしまいそうですね。会社での出来事など、何も話さないほうがよかったりして。

■言い方には十分ご注意を

・「『何か用?』というメールを送ったら、その言い方はひどいと怒られた」(30歳/情報・IT/事務系専門職)
・「聞き返すときに『あ?』と言ったら激怒された。とりあえず、謝った」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「彼が風邪をひいて無理して私の誕生日を祝ったことで、家で寝ていればいいのにと言ったらすごく怒られました」(30歳/その他)

さすがに『あ?』はいただけませんが、つい言い方がキツくなってしまうことだってありますよね。ちょっとくらい、黙って見逃してくれても……。

■女性が思う以上に、男心はデリケート

・「話の流れから元彼の話になって、過去の話は出すなと怒られた。自分も同じ立場だったら嫌だと思ったから謝った」(26歳/通信/販売職・サービス系)
・「彼の友だちをほめたら、俺のことはほめないのにと怒った」(24歳/小売店/販売職・サービス系)
・「一人でライブに行く、と言ったら、興味がなくても誘ってほしかったと怒られた。お互い、興味のないライブでも一度は一緒に行ってみることにした」(32歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

元彼や男友だちの話題を嫌う男性も多いようです。できるだけそういった話題は避けたほうが無難かも。

地雷のポイントは踏んでみるまでわかりませんが、踏まないに越したことはありませんよね。今回のアンケートを参考にして、彼の地雷を避けて歩く方法をマスターできますように。

※『マイナビウーマン』調べ。2014年3月にwebアンケート。有効回答数267件。

(OFFICE-SANGA 森川ほしの)

お役立ち情報[PR]