お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

【愛知限定】ここのご当地名物はどうかしてるぜ!?な、デラックストイレに座るキティちゃん

47都道府県ごとに存在し、各地を盛り上げているご当地キティ。その中でもひときわ目を引くご当地キティを、47都道府県別にご紹介していきます。今回は愛知県限定、刈谷ハイウェイオアシス名物「デラックストイレに座るキティちゃん」のご紹介です。

刈谷ハイウェイオアシスは、高速道路からも一般道からも行ける、愛知県の一大レジャーエリアでありパーキングエリア(PA)でもあります。

ちなみに刈谷ハイウェイオアシスの入場者数(2011年)は、東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンに次いで、日本で3番目に多かったのだとか!

刈谷PAは、愛知県のディズニーランド、もといUSJと言っても過言ではないかもしれません。

この刈谷PAでひときわ注目され、多くのメディアや雑誌に取り上げられているのが、ゴージャスなトイレ。

その名も「デラックストイレ」です。

そのままじゃん……というツッコミがきっと、たくさんあったことでしょう。

ここのトイレの何がすごいかというと、まずはその総工費。

このトイレを作るのに、ウワサでは総工費1億円以上かかっているとか……!

女性トイレは、パウダールームやソファ、じゅうたんが敷かれた高級感あふれる床や家具、授乳設備に至るまでゴージャス仕様。

それはそれは、まるでホテルのラウンジのような雰囲気なのだとか。

ちなみに便器は至って普通の白の便座です。

キティちゃんが座っている便座がゴールドなのは、このトイレのゴージャス感をちょっとでも伝えたいという、キティちゃんの熱意のあらわれだと思います。

ちなみに便座のフタはキティちゃんのシルエットになっており、ちゃんとリボンが付いています♪

ただキティちゃんをこよなく愛する方々にしてみれば、キティちゃんのトイレ姿を人前にさらすなんて!と、ご立腹したくなる方もいるかもしれません。

その気持ちは重々わかります。

しかし、キティちゃんをどうこう言うよりも、まずご当地名物が「トイレ」だというところをどうこう言うべきであります。

いろいろな事情があり、ちょっとはしたない姿になっているキティちゃんですが、なんだかいろいろ“運”がアップしそうなので(!)、大目に見てあげてくださいね♪

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]