お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

【岐阜限定】さるぼぼVSキティちゃん、その勝敗の行方は……!? 「さるぼぼ」になったキティちゃん

全国各地のお土産売り場で、訪れる観光客をざわつかせている、何かと話題なご当地キティ。そのご当地キティを47都道府県ごとに、ご紹介していきます。今回は岐阜県飛騨地方のご当地名物「さるぼぼ」になったキティちゃんのご紹介です。

 

岐阜県飛騨地方のお土産として有名な、さるぼぼ。

「さるぼぼ」は、飛騨地方に伝わる郷土人形です。

「ぼぼ」は飛騨弁で赤ん坊を指すことばで、さるぼぼは「猿の赤ちゃん」という意味なのだとか。

「猿」という読みにかけて、「災いがさる」、「家庭円(猿)満(かていえんまん)」、「縁(猿)むすび(えんむすび)」などとして、厄よけや縁結び、家庭円満のお守りにもなっています。

そして、さるぼぼライフを、かなりエンジョイしているキティちゃんです。

飛騨名物のみたらし団子に赤カブを持ってはっちゃけていたり、同じく飛騨名物の朴葉に乗って雪ぞりをエンジョイしていたり、まさにお猿の子どものようにはっちゃけて飛騨を楽しんでいます。

このさるぼぼキティちゃん、本当にいろいろなパターンがあるのですが、元祖さるぼぼ(?)も負けてはいません。

キティちゃんに負けず劣らずと、いろいろな進化系のさるぼぼたちがいるのです。

そのひとつが、飛騨名物の飛騨牛をイメージして作られたという「うしぼぼ」。

飛騨名物にはもやはまったく関係なさそうな、「うさぎぼぼ(うぼぼ)」や「ねこぼぼ」。

サングラスをかけてメンチを切ってくる、「ワルぼぼ」なんてのもいます。

キ、キティちゃん、元祖のこのはっちゃけぶりについていけるのでしょうか!?

さるぼぼVSさるぼぼキティちゃん。

今のところ、さるぼぼに勝負あり!?

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]