お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ド・ストライクの女子に彼氏がいたら……男性はどうする!?

見た目も中身も自分好み。ド・ストライクの相手に出会うことなんて、なかなかないですよね。もし、そんな相手に出会ってしまって、でも相手に恋人がいた場合、男性が取る行動とは……?

Q.見た目も中身もあなたの好みド・ストライクの女性に出会ったけれど、その女性に彼氏がいた場合、どうしますか?

アタックする 28.4%
諦める 66.4%
その他 5.2%

社会人男性に聞いた、女性にとって興味津々のアンケートの結果は、3割弱が「アタックする」。草食男子が増えていると言われる今、この数字が多いのか少ないのか迷うところではあるものの、理想通りの女性が現れたら、ダメ元でアプローチす男性はやはり存在するよう。映画のようなドラマチックな恋のヒロインになるチャンス、あなたにも巡ってくるかも!?

■ちょっと残念……。消極的傾向な「諦める」派

・「めんどくさそう(だからアタックしない)」(26歳/情報・IT/技術職)

・「今幸せな人に突っかかってもしょうがない」(25歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「無理をしたくないから」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「自分なんかがチャレンジしてもうまくいくはずがないから」(31歳/小売店/事務系専門職)

・「自信がない。それで傷つくのは嫌」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「もめごとはいやだから」(26歳/金属・鉄鋼・科学/技術職)

傷つきたくない、もめたくないという気持ちはわかるけど、そんなんじゃ、いざ付き合い始めても何か障害が現れるとすぐに諦めてしまいそうで、女性的には少々不安。ほかにも「忘れる」「出会わなかったことにする」系のスルー派もちらほら。「出会ったときに恋人がいる・いないも運命のうち」と言われればそれまでなのですが。

■常識的で倫理を重んじる派? 積極的に「諦める」タイプ

・「他人の恋人を奪う気はない」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント関連/販売職・サービス系)

・「その人の幸せを願いつつ、スポーツなどちがうことに没頭する」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「浮気はしたくない」(29歳/機械・精密機器・技術職)

・「ほかによい人を探す。人を忘れるためには人だと思うため」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「わざわざ人の彼女を取ろうと思わない」(25歳/農林・水産/技術職)

うしろめたい恋愛はしたくないと考える恋愛潔癖は、すっぱりと諦めてしまうようです。この手の男性なら交際中も結婚後も浮気の心配はしなくて済みそう。失恋(未満)はスポーツで昇華しつつ、相手の女性の幸せまで願ってくれるというやさしい「諦め派」もいました。そんなステキな彼らとあっさりすれ違ってしまうくらいなら、長年の腐れ縁でズルズル……なダメ彼氏は、早めに精算しちゃったほうがいいのかも。

■玉砕覚悟。直球勝負のアツいアタックタイプ

・「後悔したくない。運命の人かもしれないから」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「ストレートに行く。単純なのがいいから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「そんなの関係ない。いっぱい連絡取ってアタックする」(27歳/運輸・倉庫/その他)

・「人生一度きり。相手に彼氏がいようが、とりあえず気持ちを伝える! もしかしたら略奪できるかもしれない」(33歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

小細工なしの、正々堂々ストレート勝負でアプローチされたら、たとえ結婚間近の恋人がいても、グラグラきちゃう女性は少なくなさそう。普通は敬遠する「恋人アリ」というハードルを軽々と乗り越えて「君こそ僕のド・ストライク!」と宣言してくれる男性は、まさに白馬の王子様。女性の「愛されたい願望」を心地よく刺激してくれるのは確かです。

■外堀から埋めていく技巧系のアタック派

・「弱っているときを狙ってアタックする」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「一緒にご飯に行く機会を作り、隙を探る」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「取りあえず連絡などを多くして、様子を探る」(28歳/建設・土木/技術職)

・「まず友だちになる。そして彼氏さんの話などを聞いてみて、自分の方が幸せにできると自信を持ったら告白」(27歳/自動車関連・事務系専門職)

とりあえず仲良くなっておいて、彼氏とうまくいかないなどという相談に乗っているうちに、いつのまにか自分が恋人に……というのは意外によくあるパターン。ドラマチックじゃないけれど、一気に玉砕するリスクが低く、長い時間をかけて口説けそう。

■「私待ーつーわ、いつまでも待ーつーわ」のこっそり順番待ち

・「職場とかであれば、縁があればいつかチャンスが来るので、そっと距離をつめながら待ちます」(30歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「待ってみる」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「諦めきれないが、かといってアタックする気にもなれないので、相手が彼氏と別れるのを待つと思う」(27歳/学校・教育関連・事務系専門職)

「その他」と答えた人の大半が「待つ」という答え。自分からはアクションを起こさず、相手が恋人と自然に別れるのをじっと待つのは、時間と忍耐力が必要。ひたすら待ちすぎて、せっかくの次の出会いを見逃し、一生独身なんてことにならないといいけれど。待っていただく側の女子的には「せっかく待ってくれるなら、控えめでもいいから好意をアピールしてほしい」と思ってしまう人もいるかもしれません。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年2月にWebアンケート。有効回答数116件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]