お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

意中の彼に友達としか見られていない場合の対処「隣に座ってアイコンタクトを増やす」

人は、他人と接するとき、無意識に自分の縄張り=パーソナルスペースを守ろうとします。そしてそれは、苦手な相手、親しくない相手ほど距離が長くなるのです。さて、気になる彼とあなたとの心の距離は?

【恋心と体の距離は比例 4段階のパーソナルスペースで距離感をチェック】

■パーソナルスペースは4つに分けられる

ひとくちにパーソナルスペースといっても、その距離の長さによって種類が分けられます。
あなたと彼の現在の距離は、どれに当てはまるでしょうか?

「密接距離」
0~45cmの、手を伸ばせば相手に触れられる程度の間隔。かなりの密着度なので、家族や恋人など、毎日一緒に暮らしても苦にならないぐらい親しい相手ならいいけれど、そうじゃない相手とは苦痛を感じる距離です。

「個体距離」
45cm~120cmの、お互いが手を伸ばせば届くぐらいの間隔。親しい友人同士でおしゃべりをするようなときにちょうどいいと感じる距離です。

「社会距離」
120cm~350cmの、ちょっと広めの間隔。取引先との商談の場など、改まった席のときにちょうどいい距離です。

「公衆距離」
350cm以上。就職の面接や、講演など、一人に対して複数の人が向かい合うときに最適な距離です。

いかがですか? もし、いつも彼と接するときのパーソナルスペースが45cm以内なら、彼はあなたを友達以上の存在と捉えているのかもしれません。

■彼のパーソナルスペースに飛び込む方法

では、残念ながら、現時点で友達もしくはそれ以下の存在としか見られていない場合は、彼のことをあきらめなくてはいけないのでしょうか? 決してそんなことはありません。

まず、彼と一対一で話をするとき、さりげなくいつもより近い距離に座ってみましょう。向かい合って座ったことしかないのなら、すぐ隣に腰を下ろすだけで「あれ?」と思わせることができます。

勇気は必要ですが、確実に相手に自分という存在を意識させることができます。そして、アイコンタクトの回数を多くするのです。

人はよく目が合う相手に好意を抱きやすいし、じっと瞳をのぞきこまれればやはりドキっとします。このように少しずつ距離を詰めていき、相手のほうからこちらのパーソナルスペースに入ってくるようになればしめたもの。

恋がかなうのももうすぐです。

お役立ち情報[PR]