お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性の結婚観「恋愛は恋愛、結婚は結婚」

交際している男性が、自分をどういう対象で見ているのか気になる人も多いと思います。単に遊び相手としか見ていないのか、それとも将来の結婚相手として真剣に考えてくれているのか……。そこで、男性の結婚観について考察してみることにしましょう。

■恋愛と結婚を区別して考える

女性と男性との結婚観の最大の相違点は、恋愛相手にせよ結婚相手にせよ、相手を選ぶ基準が男女では根本的に異なる、という点ですね。女性は、男性と交際する際に、「もしかすると夫となる人かもしれない」ということまで考えています。

ところが、男性の方は交際する段階で「恋愛は恋愛、結婚は結婚」とはっきりと割り切っていることが大半なのです。この根本的な男女間の思考の差の認識不足が悲劇を生む原因なのです。

■男女間の感情のギャップ

男性が見る恋愛相手の女性の基準とは「いかに楽しく遊べるか」という点に絞られており、他にはあまり執着しません。ところがいざ結婚となると「貞淑」「しっかり者」「家庭をきちんと守れる」という条件を持ち出してくるわけです。

つまり、自分の都合のいいように女性と付き合いたいという勝手な願望が強いところに、男女間の感情のギャップが生まれるのです。

■外見を重視するのは遊びのため

多くの男性にとって、恋愛は結婚の通過点ではなくただの遊びですから、遊び相手に求めるのは、当然ながら外見的な見栄えです。セクシーで妖艶な容姿にひかれ、女性側もその要求に応えようと必死に外見に磨きをかけます。

女性は結婚願望があるのですが、はなからそのつもりがない男性は、女性が「結婚」の二文字を出した段階で、はいサヨナラということになるわけです。

■女性はもっとしたたかに

男女間のトラブルは、お互いの結婚観のズレによって生じ、これが原因で女性は大いに傷つくことになります。このような悲劇を起こさないためには、女性の方ももっとしたたかにならなければいけません。つまり、恋愛相手に多くを望み過ぎてはいかねいということですね。

もっとも、最近はこの男女の傾向が逆転して、男性の方が傷つくという現象も増えてきているようですが。

お役立ち情報[PR]