お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 冬のカラダ

男性に聞いた! 風邪をひいたときに作ってもらいたい料理「クリームシチュー」「リゾット」

もしも彼が風邪で寝込んでしまったら、やっぱり何かお世話をしてあげたい!という女性は多いでしょう。しかし、中には料理の腕に自信がない人もいるはず。そんな女性のみなさんのために、男性が風邪をひいたときに「食べたい!」と思うメニューをリサーチしてみました。これからの季節、その機会が来る前に予習してみてはいかが?

■圧倒的支持!?の「おかゆ」

・「おかゆ。ふーふーして食べさせてほしい」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「おかゆと漬物。体調が悪いとあまりのどを通らないから、簡素なものでいい」(26歳/自動車関連/技術職)

・「卵がゆ。手軽だけど愛情を感じられるし、あたたまるから」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

・「おかゆ。これぞ看病って感じる」(31歳/金融・証券/専門職)

今回、とにかく多かった「おかゆ」をあげる声! 消化がよく体への負担が少ないおかゆは、やっぱり具合が悪いときの定番ですよね。梅干しや卵でアレンジしたものも人気の模様です。

■消化がよくて栄養たっぷり! 「雑炊・おじや」

・「雑炊。食欲がなくても食べられるから」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「おじや。消化が良くて、栄養があるものを食べたいから」(29歳/生保・損保/専門職)

・「おじや。するするっと食べられるものがほしいから」(26歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

やっぱり消化のよいおじやや雑炊は人気。おかゆよりも味がしっかりし、具材もあれこれ入れられるので、少し食べられるようになったころにはちょうどいいかもしれませんね。ほかには「リゾットとかうれしいかも。おかゆより凝ってる感じがして」(27歳/自動車関連/技術職)という意見もありました。

■体が芯から温まる「うどん」

・「煮込みうどん、消化がよく、あたたまるから」(24歳/農林・水産/技術職)

・「鍋焼きうどん。あったまるし食べやすいから」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「うどん。素うどんでなく、栄養豊富な具沢山のうどん」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

こちらも風邪のときの定番、うどん。コシのあるものよりも煮込んで柔らかくなったもののほうが人気のようです。根菜などを入れれば体もあたたまり栄養も取れて一石二鳥。

■ちょっと意外? 普通のメニュー

・「肉じゃが。好きだから」(25歳/アパレル・繊維/技術職)

・「クリームシチュー。野菜も多く入っているし、具が柔らかいので」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ハンバーグ。食欲はあるからいっぱい食べたい」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

風邪だからといって、必ずしも食欲が落ちるわけでもない!という男性もけっこういました。それならいっそのこと、普段と同じ料理を作って、早く元気になってもらいましょう。

■フルーツでさっぱりと

・「擦りりんご」(27歳/不動産/その他)

・「フルーツジュース。風邪をひいているときはいちばんほしいから」(32歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

昔は、風邪といったら「擦りリンゴ」というご家庭も多かったはず。熱っぽいときなどは、さっぱりした甘みと果汁がうれしいですよね!

雑炊やおじやならすぐにできても、意外とおかゆをお米から炊いたことのない人もいるはず! 中には「おかゆ。食べやすいし、料理の腕前もわかるから」(29歳/医療・福祉/専門職)なんていう、ちょっとドキッとするコメントも……。彼の風邪だけに限らず、いざというときにささっと作れるように、一度練習しておくのもいいかもしれませんね!

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2013年10月にWebアンケート。有効回答数244件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]