お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼には絶対に言えない、本当の別れの理由「体臭が気になった」「将来性がなかった」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

恋人へ別れを告げるとき、表面的には「今は仕事に集中したいから」などと相手を傷つけない理由づけをして、本当の理由を隠すというケースもあると思います。そこで、女子たちが彼氏には隠している本当の別れの理由をこっそり聞いてみました。



■体臭が気になったから
「学生時代の彼と6年ぶりにヨリを戻したのですが、以前はなかった加齢臭のようなものを感じるように。キスしたり抱き合ったりするのにも抵抗を感じてしまい、別の理由をつけて別れました」(29歳/広告)

体臭や口臭など、においに関することはデリケートな話題。相手にさりげなく伝えることで改善できるならよいですが、言えずに抱え込んでしまうと別れの引き金にも。

■体の相性がよくなかったから
「今カレとお泊まりしてるのに、元カレとのエッチを思い出している自分がいることに気づき、別れを決めました。とてもやさしい彼だっただけに、本当のことなど本人に言えるはずもなく……」(31歳/アパレル)

相性が悪かっただけで、本人には決定的な非がないところが難しいところ。彼のプライドを傷つけまいと、真実は告げないで別れるのもひとつのやさしさですね……。

■将来性がなかったから
「コンビニでバイトをしながら、音楽活動をしていた彼。社会人経験がないため、ビジネスマナーや常識に欠けている点が気になっていました。まわりの女友だちが結婚ラッシュを迎えたころに、将来への焦りもあって別れを決意。彼にはとことん夢を追ってほしかったので、あえて本当の理由は言いませんでした」(28歳/金融)

人間としては好きだけれど、将来を預けるパートナーとしては選べないということもありますよね。夢追い人の彼氏に対して面と向かっては言えない気持ち、わかります。

■実家が汚かったから
「彼の実家にはじめて遊びに行ったとき、家の散らかりようにビックリ! 床にはホコリがたまり、食器も洗わずに食卓に重なったまま。結婚も考えていたけれど、『もし子どもが産まれても、こんな場所に連れて来られない』と感じてしまいました」(30歳/メーカー)

嫁入りする側としては、相手の実家の環境も気になる要素のひとつ。とはいえ、相手の実家に関わる問題は、なかなか単刀直入に言いづらいものです。

■自分より頭の回転が遅かったから
「イケメンの美容師と付き合うことになったのですが、自分より頭の回転が遅いかも……と思うことがしばしば。メールも誤字脱字ばかり、会話中に出てくる慣用句も間違いだらけ。クイズ番組を一緒に見ていたときに『こんな問題もわからないの!?』と感じ、気持ちが冷めてしまいました」(27歳/歯科助手)

クイズ番組が別れのきっかけとなっていたなんて、彼自身はみじんも気づいていないのではないでしょうか……。

女子たちが別れの理由を隠しているとき、多くの場合は「本当の理由を言って、相手を傷つけたくないから」という心理が働いているようです。それがやさしさなのかどうかは、人それぞれ意見が分かれるところかもしれません。あなたは、恋人に本当の別れの理由を隠していたことがありますか?

(のでこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]