お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性に聞く! 彼女との最悪のクリスマス4選「レストランで土下座」「飲みすぎてベロベロに」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

今年もやってきたクリスマスシーズン。彼氏や彼女がいる人にとっては、いつもより特別な日でもあります。でも、素敵な夜にしようとするあまり、男女の間に思わぬすれちがいが起きることも……。そこで、働く男性に「クリスマスに起こった修羅場エピソード」を聞いてみました。



■高額なプレゼントをねだられて……
「彼女と初めて過ごすクリスマスを控え、『プレゼント、何がいい?』と聞いてみた。すると、ケロッとした顔で『バーキンがほしい』と言うので『わかった』と返事。その場ではどんなものかわからず、あとで調べたらウン十万円もする高級ブランドバッグらしい。男としては、今さら『それって高くない?』とも言えず……。何食わぬ顔で1年目に高額プレゼントをねだる彼女との金銭感覚のちがいにドン引きして、着信拒否でムリヤリ別れた」(24歳/メーカー)

これまで彼女は、ウン十万円のプレゼントをポンとくれる男性と付き合ってきたのでしょうね。

■彼女の手料理にひと言
「クリスマス・イブはディズニーランドで過ごしたので、翌日は久しぶりに家デート。彼女が料理を作ってくれたのだが、内容がいつも通りの和食。てっきりクリスマスっぽい料理を期待していた僕は、思わず『しょぼくない? 普通、チキンかローストビーフだろ』と言ってしまった。当然彼女は激怒し、『じゃあ食べなければ?』『キレることないだろ!』で大ゲンカするハメに」(29歳/IT)

家でチキンやローストビーフはかなり大変ですよね。結局、家を飛び出した彼は頭を冷やしたあと、彼女宅に戻って謝ったそうです。

■レストランで土下座
「彼女と夜の7時に待ち合わせていたのに、仕事が長引き2時間も遅刻してしまった。携帯の電池が切れていたので連絡するすべもなく、恐る恐る待ち合わせ場所に着くと当然彼女はいない。ダメ元で、予約していたレストランに行くと、明らかにふてくされた顔でフレンチをむさぼる彼女の姿が……。料理はお預けで、土下座をさせられました」(32歳/広告)

彼女の心情を考えるとつらいですが、ひとりでフレンチに行っちゃうところは頼もしいなと思います。

■飲みすぎてベロベロに
「豪華なホテルを予約して、ふたりきりでロマンティックな夜を過ごそうと計画していたクリスマス。でも、ホテルの前に立ち寄った居酒屋で飲みすぎてしまい、彼女に支えてもらわなければならないほどベロベロに酔ってしまった。なんとかホテルにたどり着いたものの、もちろん僕は即爆睡。朝、目を覚ましたら、『先行きます』とだけ書かれたメモが置かれていた」(30歳/アパレル)

せっかく豪華ホテルを予約したのに、もったいない! 彼女は許してくれたのでしょうか?

クリスマスは街の雰囲気にも押され、特別な気分になるもの。クリスマスデートを盛り上げようと思うからこそ、女子も男子もささいなことですれちがい、修羅場に発展してしまうのですね。あなたは最悪なクリスマスを過ごした経験、ありますか?

(立原麻里+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]