お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

初デートの場所を選ぶなら、映画館それとも、遊園地?―ドキドキさせるものであればどちらでも

初デートの場所を選ぶ時に、夢見ていた場所に行きたくなる気持ちは山々ですが、自分が盛り上がる場所よりも、2人で盛り上がれそうな場所を選んだほうが何かとお得なこともあります。特にデートが盛り上がるのが映画館と遊園地。

【「初デートでは女の子のおしゃべりをまねるべし」―初デートがうまくいくコツ】

その理由をご紹介いたします。

■「黄昏時効果」を狙うなら、やっぱり遊園地

「黄昏時効果」とは黄昏が起きる頃、つまり夕方になると、人間のバイオリズムが低下して判断力が鈍くなったり、注意力が散漫になったりする心理的な働きのことを言います。仕事ならケアレスミスが増えたり、早く帰りたくてイライラしたりする時間帯ですが、恋愛でこの効果を使えば、恋人との距離をぐっと縮めることも可能です。

例えば猜疑心が強くてなかなか打ち解けてくれないような恋人に告白したり、スキンシップをはかったりするなら、この時間帯を選ぶと受け入れてもらいやすくなります。黄昏効果によって、恋愛にかけるブレーキ、つまり理性を緩める効果が期待できるからです。

また黄昏のロマンチックさがデートを盛り上げてくれることでしょう。

■「暗闇効果」を狙うなら、映画館がオススメ

「暗闇効果」とは、暗闇にいる時の心理的な不安をやわらげるために、近くにいる人に安心を感じやすくなる効果のことです。映画館だけでなく夜空の下や、イルミネーションの下でも、同じように暗闇効果を期待できます。

映画館ではこの「暗闇効果」だけでなく、映画のストーリーに沿って、同じように仮想現実の世界を体験することができるため、さらに2人の一体感が強まります。登場人物と同じ感情の起伏を味わうことで、2人の一体感がさらに強まり、「暗闇効果」も手伝って、さらに仲良くなれるのです。

■「吊り橋効果」を狙える、遊園地の乗り物と映画のジャンル

「吊り橋効果」とは、より危険を感じる場所、ドキドキするような場所では異性に対しても同じようにドキドキしやすい心理のことを言います。危険な場所に対するドキドキを、異性に対して感じるドキドキだと心が勝手に勘違いしてしまうのです。

この効果は、遊園地でも映画館でも使うことができます。遊園地ならジェットコースターやお化け屋敷など、スリルや恐怖を味わえるアトラクションを選ぶのがオススメです。また映画館に行くなら、スリルが味わえ、ドキドキ・ハラハラするアクションものやサスペンスもの、ホラーものなどを選べば、「吊り橋効果」が期待できるでしょう。

恋人が「怖いから嫌」と言う位のものを選んだ方が、効果が高いかもしれません。

初デートはロマンチックな場所を選びがちですが、2人で盛り上がれるこんな場所を選ぶのも、恋が盛り上がって効果的です。行きたい場所がなかなか決まらないなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お役立ち情報[PR]