お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女子に悲報! 男子がプロポーズできないその理由「結婚願望がない」「結婚に受身」

一体いつになったら「結婚しよう」っていう言葉が聞けるんだろうと、ずるずる恋愛を続けていませんか? 「男子がプロポーズできない理由」を知れば、お尻をたたけばいいのか、あきらめて次へ行けばいいのかがわかります。ずるずる恋愛から脱出したいなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【いつ? どんなとき? 「結婚のタイミング」診断】

■経済力に自信がなく、プロポーズで引け目を感じるのも嫌

経済力に自信がなくて、プロポーズできない男子が最近は特に増えているようです。経済力に自信がなくてプロポーズできないのは、単純に「養えない」という理由だけではありません。例えば「彼女の両親に、バカにされるかも」とか、「共働きをお願いしつつプロポーズするなんて、頼りない男だと思われそう」とか、「結婚まではできそうだけど、子どもを作る経済的余裕がないとは言えない」なんていう理由もあります。

こんな彼にプロポーズさせるには、経済力がないことへの引け目や不安を、彼女が拭い去ってあげることが大切です。お互いに何でも話し合え、受け止められる関係性を築けば、意外とプロポーズは早いかも?

■彼女を独占したいとは思っていない

結婚はお互いがお互いを「一生を共にする伴侶」だと思えなければ、なかなか決められないもの。どうがんばっても「彼女以上」には思ってもらえないなら、自分の言動を見直してみるのも必要かもしれません。彼にわがままを言って振り回しすぎていないか、自分の意見を押しつけすぎていないか、彼のことを上目線から見て小ばかにしすぎていないかなどなど。普段の自分の言動が、結果、自分の首をしめていることもあるので、ぜひご注意を。

■結婚するかどうかのジャッジを、彼女に求めている

経済力に自信がないことにもつながっていますが、そもそも結婚の選択権が「自分にはない」と考える男子も多いようです。もともとの性格なのか、家庭環境に原因があるのか、私生活に理由があるのかは個人ごとにそれぞれ違いますが、「彼女に対して、何らかの引け目を感じている」ことは共通して言えるかもしれません。

こんなタイプの彼は、自分よりも下だと感じる女性や、自分がコントロールできそうな女性となら、すんなり結婚してしまうことがよくあります。彼氏に対して上から目線や、強気な態度を見せすぎているなら、一歩下がって彼についていく癖づけをすることも検討してみましょう。

■結婚願望がない

ひとりでいるのが気楽だから、結婚する気にならないという男子もいます。夢中になっている趣味があったり、仕事に打ち込んでいたり、周囲の男子がみな一様にシングルライフを満喫していたりする男子ほど、「結婚願望が薄くなる」可能性があります。

こんな彼の場合は、「外堀から固める」作戦が効果的。彼の両親と仲良くなる機会を作ったり、彼の友だちに協力してもらったりして「そろそろ結婚」という雰囲気をさりげなく匂わせながら、一緒になって趣味を楽しんだり、仕事のフォローをしたりして「結婚しても生活が変わるどころか、今よりもっと楽になるかも、楽しいかも」と外堀から追い込んでいく作戦です。「結婚もいいかも」と思わせられるかどうかがカギといえるでしょう。

プロポーズできない男子が最近は増えているようですが、それにはそれなりの理由もあります。最終的に結婚するかどうか決めるのは自分という意識は持ちつつも、彼にできない理由があるなら、自分自身の言動や生活を見直してみて、「プロポーズしてもらえるように追い込む」意識も、もしかしたら必要なのかもしれませんね。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]