お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

男も陥るマリッジブルー、その4つ特徴

悩む男性マリッジブルーというと、結婚を間近に控えた人が、新生活のことを思って憂鬱(ゆううつ)になったり、不安になったりする精神状態のことですね。一般的には女性が陥りがちといわれますが、どっこい男性もけっこうハマってしまうものなのです。

【結婚した男性=結婚願望が強かった男性?】

男性がマリッジブルーなんていうと、「私を放っておいてマリッジブルーになるなんて!」と女性は怒るかもしれませんね。でも近年では、マリッジブルーになる男性も少なくないようです。

マリッジブルーになってしまった男性の特徴をいくつか挙げてみましょう。

●結婚の話をなぜか避ける
2人で結婚について話をするのを避け、話題をほかにつくろうとしたりします。直面する現実から逃避するような言動をするのです。

●ため息をつくなど、落ち込んでいる
感情が沈みがちになり、前向きになれなくなってしまう男性もいます。「うれしいこと」である反面、新生活は厳しい現実であることを認識しているのですね。

●感情があまり表に出なくなる
感情を表に出すことがうまくいかなくなる男性もいらっしゃいます。落ち着いて考えているのではなく、新生活に対する感情の表出ができなくなるのです。

●結婚式の準備に「どうでもいい」と言う
本当はどうでもいいとは思っていないのです。新生活への不安から、それを避けようとする心の動きが働いて、投げやりな反応になってしまうのです。

●感情の起伏が激しくなりイライラする
明るいかと思えば急に落ち込んだりと、感情が安定しない。またイライラしているなどの状態になります。これらも不安の表れです。

女性よりも男性の方が、実は気持ちの面で折れやすいのではないか? とは多くの人が指摘するところです。
男性がマリッジブルーになったら、女性は温かく見守ってあげることが必要です。どっしり構えて大らかな気持ちで男性に接しましょう。2人でストレスをためないようにするのがマリッジブルーを乗り越えるコツです。

(高橋モータース@dcp)

お役立ち情報[PR]