お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 インテリア・雑貨

収納がパンパンだと男子にこう思われる!「衝動買いが多そうで嫌」「家計のやりくりが下手そう」

部屋の中がきれいならいいかと、つい「見て見ぬふり」をしてしまいがちなクローゼットや押し入れの中ですが、実際にクローゼットや押し入れがパンパンなことを男性が発見してしまったとき、男性は一体どんなことを内心思っているのでしょうか? 社会人男性に聞いてみました。

■片づけられない女

・「そんなに集めて何するのというところ。整理整頓のできない例」(30歳/商社・卸/その他労務)

・「整理整頓ができないいい加減な女の子だと思ってしまう」(30歳/商社・卸/営業職)

・「物が捨てられない、片づけベタな子だと思う」(32歳/学校・教育関連/専門職)

部屋の中はきれいでも、クローゼットや押し入れがパンパンなら、「整理整頓ベタ」だということが一目瞭然。口にはしなくても、家事力を一瞬で見抜き、内心ではこんなことを思っているのかもしれませんね。

■性格まで疑われる……?

・「物事をなあなあにしたがる傾向があるのかな……と」(33歳/その他/自営業)

・「片づけが下手で、家計のやりくりも下手そう」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「掃除ができない&衝動買いが多いイメージで嫌」(25歳/アパレル・繊維/技術職)

たかが「部屋の整理整頓」ぐらいと思っていませんか? 整理整頓ができないと、「なあなあ癖がある」、「やりくり下手」、「衝動買いが多い」なんて、こんな性格まで深読みされることがあるようです。たかが整理整頓だと侮るべからず。

■整理整頓するには、何が必要だと思う?

・「しょうがない気もするけど、使わないものは捨てることも必要な気もする」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「売ったほうがいいと思う」(23歳/金融・証券/営業職)

・「量を考えましょう!」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

使わないモノは捨てる、売る。必要のないものは買わない。整理整頓の基本ですね。ものがひとつ増えたら、代わりに何かをひとつ捨てるようにするといいですよ。

■パンパンのレベルは、どの位までなら許される?

・「パンパンなりに整理されていたらいいが、乱雑であれば最悪である」(27歳/建設・土木/技術職)

・「パンパンでもぐちゃぐちゃでなければ、よい」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「部屋が圧迫されないなら、押入れが一杯でもいいと思う」(26歳/自動車関連/技術職)

収納がパンパンでも許されるのは、パンパンなりに整理されている、ぐちゃぐちゃでない、部屋が圧迫されていないことだそうです。収納を片づける必要があるか確認するときに、ひとつの目安にしてみましょう。

■収納パンパンを解消するためには?

・「私がそういう子を見かけたら。レンタル倉庫を勧めます」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

・「断捨離を覚えたほうがいいと思います」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

・「もっと収納力を増やしたほうがよい」(30歳/自動車関連/技術職)

物が捨てられないなら、てっとり早いのが収納スペースを増やしてしまうという方法。ただしこれには限界が。やっぱり断捨離を覚えるのが一番なのかもしれませんね。

部屋のことはとやかく言わない彼氏でも、内心ではこんなことを思っている可能性もあります。彼氏にあきれられる前に、上手な収納術を覚えておきましょう。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2013年11月にWebアンケート。有効回答数169件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]