お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 エンタメ全般

仕事の悩みが吹っ飛んだ映画・ドラマのセリフ「飛べない豚はただの豚だ!」「立てー近藤!」

仕事でモヤモヤしているとき、ドラマや映画がきっかけで、悩みがすっかり晴れてしまうことはありませんか? 今回は、悩める働く女性に、「仕事の悩みが吹っ飛んだ映画やドラマのセリフ」を聞いてみました。明日の仕事が憂うつなら、ぜひこんな映画やドラマを見てみては?

■名セリフが続々! ドラマ「半沢直樹」

・半沢直樹(2013年・TBS系ドラマ)

「ずばり『倍返しだ!』上司に注意されてむしゃくしゃしていた時に結果を出して見返してやろうと思えたセリフ」(23歳/医療・福祉/専門職)

「奥さんに励まされるシーンで、背中をバシッと叩かれて、負けんなよ! と一言言われたシーン。あんな励まし方もあるんだ! とぐっときた」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

「立てー近藤!」(24歳/電機/事務系専門職)

「半沢直樹」は仕事の悩みを吹き飛ばし、励ましてくれる名セリフが続々のドラマです。負けてたまるか! と歯を食いしばりたい時に、ぜひ。

■仕事への情熱を取り戻したいなら「踊る大捜査線」

・踊る大捜査線(1997~2012年・フジテレビ系ドラマ、映画)

「踊る大捜査線の、青島刑事の『事件は現場でおきているんだ』という台詞。実際、生産現場にいるので、営業の無茶な要求には耐えられないと感じていたから」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

「踊る大捜査線で深津絵里が『やっぱり愛してる……仕事』と苦しみながら言っているシーンで、仕事に対する情熱を感じた」(26歳/ソフトウェア/技術職)

仕事への熱い思いを取り戻したい時にお勧めなのが「踊る大捜査線」。室井管理官と青島刑事のやり取りにも、胸が熱くなります。

■仕事のやる気が出る、こんな名セリフ

・SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~(2010年・TBS系列)

「『心臓が息の根を止めるまで、真実に向かってひた走れ』というSPEC(ケイゾクも含む)の野々村係長のセリフ。ひたむきに仕事に打ちこもう、と思った」(30歳/生保・損保/事務系専門職)

・紅の豚(1992年)

「『飛べない豚はただの豚だ!』やるしかない! 飛ばなきゃ! と思った」(31歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

仕事で悩んでいて、誰かに背中を押してほしい時には、こんなセリフを聞けば効果抜群です。

■後輩への愛が芽生えそうな、そんな名セリフも

・働きマン(2007年・日本テレビ系)

「ドラマ、働きマンの『怒るってのは、とても体力がいるんだよ。愛情がなけりゃ怒れない』みたいな台詞。確かに私も育てたい後輩しか怒らない」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・フラガール(2006年)

「『今まで、仕事っつうのは暗い穴ん中で歯ぁ食いしばって死ぬか生きるかでやるもんだと思ってた。だけどあんな風に踊って、人様に喜んでもらえる仕事があってもええんでねぇか。おらにはもう無理だけど、あの子らならみんな笑顔で働ける。そんな新しい時代作れるかもしんねぇって。こんな木枯らしくれえであの子らの夢潰したくねぇ。ストーブかしてやってくんちぇ』」(31歳/建設・土木/技術職)

小さいことで怒ってばかりの自分を反省してしまいそうな、いいセリフです。後輩に優しく接したくなります。

■等身大の主人公に胸がグッときた

・ガール(2012年)

「転職すべきかどうか悩んだ時に『ガール』の、『どんな道を選んでも、違う道があったのではないかと思ってしまう』にグッときました。今の自分の思いを代弁してくれたような気がしました」(33歳/その他製造/事務系専門職)

・TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~(2012年・フジテレビ系)

「TOKYOエアポートの佐々木希が言っていた『タラコを食べて働こー』。気軽さが良いと思った」(29歳/生保・損保/事務系専門職)

等身大の主人公のセリフを聞くと、「たまには力を抜いてもいいんだ」と、いい意味での脱力感がありますよね。これもグッときます。

日々、仕事の悩みはつきないもの。もしも仕事で行き詰まったり、息苦しくなったりした時は、こんな映画やドラマを見て明日への糧にしてみてくださいね。

※『マイナビウーマン』にて2013年10月にWebアンケート。有効回答数185件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]