お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 産休・育休

育児休暇中、妻に「たくましさ」を感じた瞬間「腕力がついて腕相撲で負けた」「へこたれなくなった」

がっしり手を組む男女育児生活の中心は、もちろん赤ちゃん! 24時間、振り回されます。育児休暇を取得した女性は、仕事とのちがいに戸惑うことも多いのかも? 最初は、一緒に泣きたくなることもありますが、女性は母親として徐々に成長していきます。今回は、既婚男性のみなさんに、「育休中に感じた、妻のたくましさ」について伺いました。夫目線のアンケートを、お楽しみください。

【トータルで258万円!? 出産と育児でもらえるお金事情】

■男性よりもたくましい!?

・「腕力がついて腕相撲したら負けてしまいました。おんぶとかだっことか力がかかるからしょうがないですけど、やっぱり怖くなった」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

日々成長していく子どもを、抱っこし続けることは、想像以上の重労働です。3~10キロほどの子どもを、毎日抱っこ! 筋トレを欠かさない妻に、勝てるわけはない!? 休日は積極的に抱っこして、筋力をつけ、男としての自信を取り戻しましょう! きっと妻からの感謝の言葉も聞けるはずです。

■精神的にもタフに!

・「少々のことで動じなくなった」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分の意見をいうようになった。いい意味でも悪い意味でも」(31歳/農林・水産/販売職・サービス系)

子どもを育てていく中で、「妻が精神的にタフになった」と感じる男性も多いようです。言葉が通じない相手のお世話を、24時間していくためには、いちいち動じていたらキリがないのかも? こうしてみんな「母親」になっていくのでしょう。

■母は強し!

・「子どもを守るための強さを、言動や行動からところどころ感じられるようになった」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「へこたれなくなった」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

女性は、自分の赤ちゃんの存在を意識したときから、本能で子どもを守ろうとします。どんなことがあっても、子どものためにがんばろうとする姿は、まさに「母は強し!」ですね。「自分もきっと、こうして育ててもらったんだ」と、再確認するときでもあります。

■育児休暇中ならではの……

・「時間管理がきっちりしていて、これをしてる間にこれをするというふうに効率良く働くようになりました」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

いずれ職場復帰を考えている、育児休暇中の女性だからこそ!という意見もありました。職場復帰すれば、子どもを預け、仕事と育児を両立していくことになります。大きな問題となるのが、「時間のやりくり」です。育休中から、時間を意識して、今後の生活のシミュレーションをしているのでしょう。まさに、未来についてしっかりと考える、女性の「たくましさ」ですね。同時に、復職後も少しでも長く子どもと有意義な時間を過ごすための「愛情」だとも言えそうです。

肉体面でも精神面でも、育児休暇中に妻の成長を感じる男性は多いようです。しかし、子育ては「たくましさ」だけで乗り切れるものではありません。「妻はたくましいから大丈夫!」なんて楽観せず、父親として、積極的に子育てに参加するのがおすすめです。妻が徐々にたくましくなっていく理由も、きっと実感できることでしょう。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2013年11月にWebアンケート。有効回答数23件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]