お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼の気を引くためにわざとやったこと 1位「わからないフリ」2位「別れるフリ」

働く女性は、一体どんなことを考えてるの? 『恋愛・結婚観』をはじめ、『美容のトレンド』や『おシゴト事情』などを、毎日ランキング形式で発表しています!

恋する女子はときに駆け引きをするもの。彼の気を引くために「わざと○○なフリをしてみた」なんて女子も多いのでは? 今回はどんなフリがよく使われているのか、働く女子に調査してみました!

●第1位/「わからないフリ」……18.3%
○第2位/「別れるフリ」……12.7%
●第3位/「感心しているフリ」……9.9%
○第4位/「楽しいフリ」……8.7%
●第4位/「バカなフリ」……8.7%
○第6位/「興味のないフリ」……8.4%
●第6位/「冷めたフリ」……8.4%
○第8位/「恥ずかしいフリ」……7.4%
●第9位/「怒ったフリ」……6.8%
○第9位/「疲れたフリ」……6.8%
※複数回答式・第11位以下は略・「なし」を除く。

第1位は18.3%で「わからないフリ」でした。このフリをする理由として多かったのは「会話が続くから」というもの。たしかに「もう知ってる」と話の腰を折るよりは、知らないフリをして会話を続けたほうが楽しいかもしれませんね。

第2位は12.7%で「別れるフリ」。こちらをした理由は「焦ってほしくて」「心配してほしくて」「相手の気持ちを確かめたくて」といったものでした。しかし「失敗して本当に別れてしまった」という事例も多く報告されており、リスクの高い方法のようです。

第3位は9.9%で「感心しているフリ」。彼の話に興味があるというアピールをするために、大げさに感動を伝える人もけっこういるみたい。

フリをするというのは、嘘をつくことと紙一重でもあります。やり方を間違えると相手が騙されたという気分になり関係が悪化するおそれもあるので、気をつけてくださいね。(編集部/佐藤)

※『マイナビウーマン』にて2013年7月にWebアンケート。有効回答数323件(マイナビウーマン会員:22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]