お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

恋のライバルに勝つ禁断テク「噂話をコントロール」!?

職場や合コンで、気になっている彼。見つめるだけでドキドキ。自分を見てくれるともうメロメロ!でも、落ち着いて周囲を見ると、彼を見つめているのは自分だけではないのかも…?

恋のライバルに勝つことはとても重要。「選ぶのは彼だから…」と消極的になるのはもったいない!ライバルに勝つための恋愛テクで、意中の彼を振り向かせましょう。

【男子が、この人コワイと思う女子の共通点は? ⇒】

■男性は女性の容姿を見る

心理学的に、人は「外見」に大きく影響されます。

「男性は美人に弱い」というのは様々な実験からも明らか。同じ行動をしても、美人の方が得なのです。だからこそ、恋愛でライバルに勝ちたい!と思うときには、外見がとても重要です。

「私は美人じゃないから…」と思ったあなた。諦める必要はありません。美人ではなくてもできる努力はたくさんあります。自分に似合うメイクやファッションの研究も良いですし、魅力的に見える笑顔の練習もおすすめ。女性の口元に注目する男性は多いので、歯のホワイトニングをするのも効果的です。彼の前で堂々とニッコリできるよう、「自分磨き」してみては?

■彼だけに注目しすぎない

グループで彼と会う機会が多い場合や、職場に気になる彼がいる場合、「彼だけに猛烈なアプローチをする」のはNG。場の雰囲気を悪くする女性だと思われる可能性が。また、女性グループ内で評判が悪くなるケースもあります。

基本的にはみんなに平等。その上で、気になる彼には少しだけプラスアルファをするのがおすすめです。「みんなに優しく、場の雰囲気を盛り上げる女性」は良い噂(うわさ)も立ちやすいもの。彼の耳に届けば強力なサポートとなってくれるでしょう。

■「追う」より「追わせる」

男性には逃げる獲物を追う本能が備わっています。どれだけ草食に見えても、男性は男性。追われれば逃げたくなり、そして逃げるものは追いたくなるのが本能です。

ここを上手(うま)く利用して、ライバルを突き放しましょう。

好きな相手には、つい自分から連絡先を教えてしまいがち。しかし、「簡単に手に入るものの魅力は薄い」のです。ある程度出し惜しみをすることで、「簡単には手に入らない」ことを演出しましょう。しかし、出し惜しみのしすぎは禁物です…。

■ライバルを蹴落とす!? “禁断”の方法

ここまでは、正攻法と言える恋愛テク。しかし、中には「正攻法ではとても勝てない!」という場面もありますよね。ライバルが絶世の美女であったり、明らかに彼の気持ちが相手に向いていたり…。そんなときに、一発逆転を狙えるかも?なテクニックがあるらしいのです。

それは、相手の良くない噂(うわさ)を流すこと。

ちょっと驚いてしまいますが、アメリカでは、比較的普通に使われる戦術なのだとか…。具体的には、ライバルの女性の容姿に関する噂(うわさ)を流すような行動です。

前述のとおり、男性は女性の容姿に敏感です。しかし、自分で直接彼に伝えることは、自分の評価を下げることになってしまいます。そこで、あくまでさりげなく、そしてできれば男性の口から耳に入るようにする、ということのよう。

相手の噂をコントロールするこの方法、アメリカでは普通に行わるのかもしれませんが、日本でやるとなると諸刃の剣。噂をコントロールするのは難しいかもしれないですね。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]