お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

癒しとは何か。恋愛にもたらす効果と男性に癒しを与える方法

大野萌子

毎日仕事でお疲れの彼……。そんなときに、彼をそっと癒してあげられる女性になりたいですよね。男性にとって癒しを与えてくれる女性は、とても大切な存在のはず。今回は「癒し」の効果と、男性に癒しを与える方法を心理カウンセラー・大野萌子さんに教えてもらいました。

そもそも癒しとは

心理学における癒し

心理学における「癒し」とは、精神的な疲れや悩み、苦しみなどを和らげたり、緩めたりすることを指します。つまり、心を緊張状態から解放し、リラックスさせる状態のこと。心の緊張状態が続くと、精神的に不安定な状態に陥りやすいため、心の健康を保つためにも「癒し」は必要不可欠です。また、緊張すると心臓がドキドキしたり、不安なときは血圧の変動があるなどのように、心と体は連動しているため、身体的なリラックスも心の癒しに繋がります。

癒しが恋愛にもたらす効果

「癒し」は一緒にいてホッとするなど、安心や信頼といった気持ちの安定を保つ効果があります。またそれ以上に、「自分のことを受け入れてくれる」、「理解してくれる」相手がいるという相互理解がもたらす効果もあるのではないでしょうか。

人間には、5段階の欲求があり(マズローの欲求5段階説)、それを満たしていくことで、幸福感を高めていくことができます。ひとつ目に、生きていくために必要な「生理的欲求」があり、2つ目に「安全欲求」、3つ目に「帰属欲求(社会的欲求)」という段階があります。この「帰属欲求」は、どこかに所属することを求めることであり、会社、家族、コミュニティなど、帰属先はさまざま。恋愛では、誰かの彼氏や彼女という立場がこの帰属欲求を満たします。自分の居場所を確保することが、安心感を得られると同時に癒しの場を持つことに繋がります。

そして癒しが最大限に発揮されるのは、4つ目の「承認欲求」。相手に認められているという安心感、価値観を否定されずに受け入れてもらう心地よさが、この欲求を満たします。恋愛における癒しは、自分の居場所と思いを受け入れてくれる環境を確保すること。これにより、自分自身の存在価値を改めて感じることができ、自信を持って物事に取り組めるようになり、自分らしく生きていくことができるようになるのです。

欲求の最終段階である5つ目は「自己実現の欲求」です。これは『こうありたい、こうなりたい』という自分の思いを実現させる欲求を指します。ここまで到達するのは一般的に難しいとされていますが、それまでの段階の欲求を満たしており、さらに『パートナーである彼(彼女)のためにもこうなりたい』という思いを強く持つことによって、「自己実現の欲求」も満たされる確率が上がると言えます。

次ページ:男性に癒しを与える方法

SHARE