お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家雑学 デート・カップル

恋心を冷ます、裏目に出るメールに注意! 4つのNGセリフとは

恋愛部長

豊富な失恋経験・恋愛アドバイス経験をもつ“恋がへたくそな女子代表”恋愛部長さんが、働く女子の恋の悩みにアドバイス。さまざまなトライ&エラーのすえに編み出された、誰でも真似しやすい「恋のメソッド」を指南します!

こんにちは! 皆さん、元気に恋してますかー? 恋しているときは無我夢中で突進しちゃうけれど、ふと我に返ると、「なーんであんなことしちゃったんだろ!」って思うことがありますよね。今日も、皆さんのお悩みを考えながら、恋の秘訣をつかんじゃいましょう。

彼を失いたくないあまり、相手に合わせすぎてしまいます

相手に嫌われたくなくて表情をうかがったり、付き合った相手に合わせ過ぎてしまったりしてしまいます。もっと自分に正直にならないと、結婚を考えた交際には発展しない気がして不安です。(ユーカリ/24歳/医療・福祉/事務職)

今回のテーマは、つい相手に合わせようとしたり、顔色をうかがったりしてしまう自分……ということですね。ありますね~あるある! 恋をして、相手を大事だと思えば思うほど、失いたくないから、気が弱くなって無意識に相手に合わせようとしちゃう。これはね~、普通の心理ですよ。誰だって、相手に嫌われたくないがために、相手に合わせたくなるものです。

恋がすばらしいのは、そうやって、好きな相手のことを一生懸命考えて、相手の考えに寄り添おうとして、あれこれ試行錯誤する、心配りの部分ですよね。自分は興味がなかった分野も、相手を理解したいから、勉強したり、自分で体験してみたり。それによって、今まで出合うこともなかったことを知り、体得できる。いろいろな人に恋をすればするほど、興味の幅みたいなものを広げていけるような気がします。

私も、好きになった人のおかげでいろいろな分野の趣味が増えました。ゴルフやスキーをはじめたり、温泉に詳しくなったり、音楽のあるジャンルにハマッたり。もとは、好きな人と話題を共有したい、という思いで関心を持ったものでも、自分自身がおもしろい! と思って、そのあとは自分の趣味のようになってしまったものが、たくさんあります。たとえ別れても、いろんなものが自分の中に残るから、ありがとう、元彼! って感じです(爆)。まわりには、「転んでもただでは起きない女」と呼ばれています。

そもそも、男性に比べて女性のほうが、相手に合わせる能力は高いと思います。「表情や目の動きなどから相手の反応を読み取り、共感する能力は女性のほうが高い」という研究結果もありますから、男性が女性に合わせるよりは、女性が男性のほうに合わせるほうが簡単。だから、別に、合わせて苦ではないことに関しては、「しょうがないな~男の人って合わせるの下手だし。私が折れてやるか!」って気分で、合わせてあげるのも女の器量かなと(笑)。

でも、しょっちゅう彼に合わせることになったり、合わせることで無理してるなーって思ったりしているんだとしたら、それはやっぱり考えものです。恋愛は、お互いの立場がイーブンであることがうまくいく絶対条件。女性ばかりが自分を殺して、相手に合わせる(さらには尽くす)ようなことがあると、不健康な関係にも発展しかねません。

【次ページ】彼の恋心を冷めさせる、ついやってしまいがちな「気遣い」

お役立ち情報[PR]