お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

「妻を幸せにできない夫」に共通すること

せっかく結婚するのであれば幸せになりたいものですよね。自分から幸せになりに行くことも大切だとは思いますが、やはりパートナーが幸せにしてくれるのは、この上なくうれしいことです。今回はそれとは逆の「結婚しても幸せにしてくれない夫の特徴」を、女性のみなさんに聞いてみました。

■自分が最優先

・「他人に興味がない人。自分が大好きな人は他人を幸せにはしないと思う」(33歳/不動産/専門職)

・「自分のことでいっぱいいっぱいの男性。まわりを見る余裕がなさそうだから」(32歳/金融・証券/専門職)

・「お金があっても自分のためにしか使わない男」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

自己中心的で自分のことを最優先にしてしまう夫が相手では、幸せにはなれないという意見が多く見られました。結婚するなら、自分や子どものことを第一に考えてくれる男性がいいですよね。

■亭主関白

・「亭主関白が当たり前と思っている人。毎日疲れそうだから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「亭主関白。嫁に幸せにしてもらってなんぼと思っているから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

亭主関白な男性との結婚も障害は多そう。男性を立てることに慣れている女性ならいいですが、そうでなければ毎日窮屈な思いをしてしまうかもしれませんね。

■お金遣いが荒い

・「ギャンブルが好きだったり、自分の趣味にお金をかけすぎたりする人はお金で困らされるだろうなと思う」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「お金を独身時代のようにパーッと使うのがやめられない人。結婚は生活ですので、ひとりで勝手に使っては困ります」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お金がない。最低限のお金がないと、幸せになれないから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

結婚生活においてお金というのはとても大切ですよね。たとえ稼いでいたとしても、自分のことばかりに浪費してしまう旦那だと、苦労しそうだと考えるようです。

■家庭を顧みない

・「家族より大事にしているものが複数ある」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「家庭は二の次。家族を大事にしない」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「家は帰ってきて寝るだけの場所だと思っている。妻とのコミュニケーションを取ろうとしない」(31歳/その他/その他)

仕事は大切なことではありますが、あまりに仕事ばかりで家庭を顧みない男性だと、自分も子どもも寂しい思いをして幸せにはなれない、という意見が多数見られました。家庭のことも大切にしてほしいですよね。

■心が狭い

・「懐が狭い人、いちいち文句を言われそう」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「人のことが許せない人。ケンカが絶えなそうだから」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「自分のペースを守り、乱されると怒る。旦那の気分を気にして過ごさなければいけなくなるから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

結婚生活に大切なのは忍耐だという話もよく耳にしますが、その忍耐が足りない相手だと、ケンカばかりになりそうだと考える人も少なくないようです。寛大な心で相手のことを受け入れる気持ちは、結婚生活に必要不可欠ですよね。

<まとめ>

人生の大切なターニングポイントとなる結婚。自分が幸せになれる相手をきちんと見極めて、素敵な旦那様と素敵な家庭を築いていきたいものですよね。あなたは、どんな男性となら幸せになれると思いますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月10日~2016年8月15日
調査人数:114人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]