ママのための悩み解決サイト


【医師監修】妊娠中期のおりものの特徴は?受診するのはどんなとき?

【医師監修】妊娠中期のおりものの特徴は?受診するのはどんなとき?

妊娠中、特に中期になると量の増加が顕著になる「おりもの」。多くは心配のない生理的な変化ですが、中には病気などのトラブルのサインのこともあります。妊娠中のおりものについて、どんな時に受診した方がいいのか、早速チェックしてみましょう。


【医師監修】妊娠中期に起こる5つの症状の注意点と対処法

【医師監修】妊娠中期に起こる5つの症状の注意点と対処法

妊娠中期はお腹のふくらみも少しずつ目立ってきますが、流産の可能性が低くなり、つわりも落ち着くため過ごしやすくなります。俗に安定期と呼ばれる妊娠中期ですが、どんなことに注意すればよいのでしょうか。


【助産師解説】胎動はいつから?一般的な時期と感じ方<ママ体験談>

【助産師解説】胎動はいつから?一般的な時期と感じ方<ママ体験談>

胎動を感じ始めたのはいつ頃?最初はどんな感じだった?というプレママの疑問について、先輩ママの体験をご紹介!胎動に気づくのが遅い場合の対応や注意点についての専門家の解説も、あわせてご覧ください。


【医師監修】胎児の成長が気になる!小さめと言われたら? 妊娠月数別赤ちゃんの成長

【医師監修】胎児の成長が気になる!小さめと言われたら? 妊娠月数別赤ちゃんの成長

妊娠中、お母さんとお腹の中の赤ちゃんは四六時中一緒にいるわけですが、赤ちゃんの様子は妊婦健診のエコー以外で見ることはできません。愛らしい姿が見られる健診が待ち遠しい一方、発育具合も気になるところです。胎児は時期ごとにどのような成長をするのでしょうか?赤ちゃんに起こっていることを知ることを妊娠月数・週数ごとに解説します。


【医師監修】今は妊娠何週目?妊娠週数、出産予定日の計算方法

【医師監修】今は妊娠何週目?妊娠週数、出産予定日の計算方法

「今、妊娠何ヶ月?」「出産予定日は?」という会話はよくするものの、一体どうやって計算しているのか知っていますか? 正しい妊娠週数、出産予定日の計算方法や、正しい妊娠週数を把握するべき理由などをまとめました。


【医師監修】妊娠6ヶ月のママと赤ちゃんの様子、生活の注意点と過ごし方(妊娠20週、21週、22週、23週、妊娠中期)

【医師監修】妊娠6ヶ月のママと赤ちゃんの様子、生活の注意点と過ごし方(妊娠20週、21週、22週、23週、妊娠中期)

だんだんと目立ち始めるおなかのふくらみや胎動で、赤ちゃんの存在を実感する人が増えてきます。ここでは妊娠6ヶ月のママと赤ちゃんの様子についてまとめます。日々の過ごし方や注意点もチェックしておきましょう。


【医師監修】妊娠21週に気をつけたい赤ちゃんとママの体重の変化

【医師監修】妊娠21週に気をつけたい赤ちゃんとママの体重の変化

個人差はありますが、この頃には胎動を感じるママが多くなります。赤ちゃんはお腹ですくすく育っていきますが、母体には腰痛やむくみ、便秘などのマイナートラブルが出やすい時期です。栄養面など生活上の注意点に気を付けながら過ごすようにしましょう。


【医師監修】妊婦の鉄分補給に役立つ6つの栄養素とは?

【医師監修】妊婦の鉄分補給に役立つ6つの栄養素とは?

妊娠すると、どんどん変わっていく自分の身体。大きくなっていくお腹を眺める幸福感と共に、妊娠前は経験しなかったマイナートラブルに戸惑いを感じることも多いでしょう。貧血もその1つ。妊娠すると貧血症状が出る場合が多いですが、たかが貧血……と侮らず、しっかり対策をとっていきましょう。


【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える? 原因や予防法を紹介

【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える? 原因や予防法を紹介

妊娠がわかると、嬉しい反面、体の変化に戸惑うこともたくさんあります。特に妊娠線(にんしんせん)に悩む方は多いようですね。今回は「妊娠線」について解説していきます。


【医師監修】妊娠中の胸のトラブルと対処法、やっておきたいケアについて

【医師監修】妊娠中の胸のトラブルと対処法、やっておきたいケアについて

妊娠中に起こる胸の不快感の原因・対処法について紹介していきます。


【医師監修】逆流性食道炎とは? 妊娠中のつわりとの違いや症状・対策など

【医師監修】逆流性食道炎とは? 妊娠中のつわりとの違いや症状・対策など

つわり(悪阻)と見分けがつきにくいこともある、妊婦さんの「逆流性食道炎」。今回は、妊娠中の逆流性食道炎について、その症状や予防法などをご紹介します。


【助産師解説】赤ちゃんが動くと痛い!胎動が痛いときの対処法は?

【助産師解説】赤ちゃんが動くと痛い!胎動が痛いときの対処法は?

胎動による痛みが強いときの対処法や生活の工夫について、助産師が解説します。胎動が激しくて痛すぎる!というママはぜひチェックを。痛いくらい激しいのは問題あり?という疑問にもお答えします。


【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

胎動の激しさと赤ちゃんの発達・発育には関係があるのでしょうか?赤ちゃんの動きが激しいことで悩むママに向けて、助産師が詳しく解説します。胎動に関する注意点や、赤ちゃんの変化にいち早く気づく方法についてもチェック!


【医師監修】妊娠中の仲良し(セックス)は大丈夫?胎児への影響は?

【医師監修】妊娠中の仲良し(セックス)は大丈夫?胎児への影響は?

妊娠中の仲良し(セックス)って、どうすれば良いの? しても大丈夫? と人知れず悩んでいる妊婦さん、実は多いのでは? 今回は、他人に聞きづらい「妊娠中の夫婦の営み」について、そのリスクにも触れながら、気になるポイントをご紹介します。


【医師監修】妊娠週数の数え方と妊娠週数毎の主な症状・兆候とは?

【医師監修】妊娠週数の数え方と妊娠週数毎の主な症状・兆候とは?

妊娠開始となる日、出産予定日、そして妊娠中の週数や月数の数え方を一緒に見ていきます。それに基づいて、何週目にどのような症状が出るのか、また、どのようなことに気をつければいいのかを確認しておきましょう。


赤ちゃん・子連れでの引っ越しの注意点!ストレスなく準備するコツは?

赤ちゃん・子連れでの引っ越しの注意点!ストレスなく準備するコツは?

赤ちゃんや子供を抱えながらの引っ越しは大変とよく耳にしますよね。少しでもストレスを軽減して荷作りや手続きなど準備をするにはどのようにすればよいのでしょうか。いろいろな工夫やコツをみていきましょう。


【医師監修】トキソプラズマの感染経路と潜伏期間、予防の方法

【医師監修】トキソプラズマの感染経路と潜伏期間、予防の方法

トキソプラズマの感染経路は、主に「十分に加熱していない肉・肉製品などを食べること」「土や水からの感染」「猫の糞からの感染」の3つです。妊娠中、トキソプラズマに感染しないため特に気をつけたいことをお伝えします。


【医師監修】トキソプラズマ抗体検査とは? 陽性だった場合の治療法は?

【医師監修】トキソプラズマ抗体検査とは? 陽性だった場合の治療法は?

トキソプラズマ抗体検査の受け方、具体的な方法、妊娠中の感染が疑われる場合の治療の進め方をまとめました。この検査は妊婦健診では任意検査のため、希望する場合は妊婦さん自身が医療機関に申し出る必要があります。


【医師監修】妊婦がトキソプラズマに感染したら?  症状や母体・胎児へのリスク

【医師監修】妊婦がトキソプラズマに感染したら? 症状や母体・胎児へのリスク

妊婦さんがトキソプラズマという寄生虫に感染すると、ときに赤ちゃんが何らかの障害を持って生まれてくることがあります。胎内感染による「トキソプラズマ症」の症状の現れ方、感染経路、予防法について知っておきましょう。