お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

胸キュンが止まらない……! 「マンガみたい」と思った男子とのシチュエーション5つ

ファナティック

「壁ドン」や「顎クイ」「頭ポン」など、最近は女性が思わずキュンとくる、マンガからうまれた男性のしぐさが多く話題になっていますよね。男性とのシチュエーションで「まるでマンガみたい!」と思ったことを女性のみなさんに聞いてみました。

 

■頭ポンポン

・「帰り際に頭をポンポンされてキュンときた」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「唐突に頭をなでられた。あこがれの人だったのでドキドキした」(33歳/不動産/専門職)

・「職場で仕事をがんばったときに頭をポンポンされた。その上司と今付き合っている」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

頭をポンポンとなでられる、というシチュエーションを体験したことがあるという女性は多くいるようです。それをきっかけに恋愛感情が芽生え発展……というケースも少なくなさそうですね。好意のある人からの頭ポンポンは、女性の心をグッとつかむようです。

■手助けをしてくれる

・「ちょっと重い荷物を持っていたときに、後ろからふわっと持ってくれた」(32歳/その他/事務系専門職)

・「高いところの荷物を取ろうとしていたら、後ろからひょいと取ってくれた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「高いところから飛び降りたときに受け止めてくれた」(28歳/ソフトウェア/技術職)

本棚の高いところの本をとってくれた、仕事で困っているとこをフォローしてくれた、などちょっとした手助けに「マンガみたい」とキュンとしたという人も多くいるようです。

■危ない瞬間に

・「一緒に歩いていて、車が横を通り過ぎるときに肩をグイッと寄せられた」(32歳/自動車関連/技術職)

・「廊下で好きな職場の先輩がいきなりドアから出てきてびっくりして転びそうになったときに、サッと抱きとめられたとき。ドキドキして顔が見られなかった」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「繁華街を猛ダッシュする若者にぶつかられそうになったとき、彼が私の肩を引いて守ってくれた。少女マンガかと思った」(33歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

危ない瞬間に助けてもらったというエピソードも多数見られました。ハプニングによるドキドキ感もあいまってときめかずにはいられなさそうです。

■突然のキス

・「エスカレーターで振り向いたらキス。まるでマンガみたいと思った」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「彼氏と付き合う前、家で一緒にマンガを読んでいたら急にキスをされた」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「壁ドンされてキスされた」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「マンガみたい」な不意打ちのキスをされたことがあるという人も。また実際に「壁ドン」をされ、本当にする人がいたんだ、という驚きを感じたという人も見られました。実際に壁ドンをされたら、かなりドキドキしそうですね。

■ロマンチックな場所で……

・「星空がキレイな場所に連れていってくれたこと。とても幻想的な風景だった」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「人のいない砂浜でふたり並んで夕日を見たとき、キュンキュンしました。たぶん誰が隣にいても恋におちます」(31歳/情報・IT/営業職)

・「旅行先でイルミネーションのキレイなところでプロポーズされ、ホテルに戻ると花束とケーキが用意してあったこと」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

夜景のキレイな場所や、人気のない海辺などのロマンチックな場所を好きな人とふたりで歩くというシチュエーションにあこがれたことのある人も多いと思います。実際にそんな場面で告白されて……という人もいるよう。何だかうらやましくなってしまいますね。

■まとめ

その他にも、街中や電車の中での出会いから恋愛に発展したというエピソードや、人ごみを歩いているときに手をつないでくれた、などいろいろな「マンガみたい」なシチュエーションが見られました。まるでマンガの主人公になったかのようなキュンとくるシチュエーション、体験してみたいものですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数133件。22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]