お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

今話題の蛙化現象は女性の方がなりやすい!? 気になる理由を調査!

#トレンドニュース

エボル

 

リンクバルが運営する恋活・婚活マッチングアプリ「CoupLink(カップリンク)」は、Parasolが運営する未婚男女のマーケティング研究機関「恋愛婚活ラボ」と共同で、「CoupLink」の利用ユーザー1,741人(男性:1,091人、女性:650人)を対象に、「蛙化現象※の経験や原因」に関する調査を実施しました。

※蛙化現象とは彼氏・彼女やいいなと思っている異性が取った行動に対して冷めてしまうこと

蛙化現象を経験した人は半数以上も!

恋活・婚活マッチングアプリ「CoupLink」を利用するユーザーに調査したところ、蛙化現象を経験した人は半数以上もいることがわかりました。

蛙化現象とは、Z世代をはじめとする若者を中心に、2023年に流行した言葉であり、年齢・性別問わず、2人に1人が蛙化現象を経験しているようです。​

「蛙化現象を経験した理由」を調査したところ、第1位は、「NGに感じる行動や言動があった」という結果になりました。第2位は「価値観が合わなかった」、第3位は「理想と現実で、期待値によるギャップがあった」、第4位は、「外見のイメージが違った(見た目、ファッション)」という結果でした。

第3位の「理想と現実で、期待値によるギャップがあった」理由に関連して、「理想の恋愛像に影響を与える要因」について調査したところ、約4割の人が、「実際の恋愛経験」が理想の恋愛像に1番影響を与えていると回答しました。実際の恋愛経験によって相手への理想が高まることで、現実とのギャップにがっかりする人が多いようです。​

経験したくなかった人は約8割以上! ​一方でポジティブに捉える人も​

「蛙化現象を経験して、むしろ良かったと感じたことはあるか」という質問に対し、約8割が「いいえ」と回答しました。好きな人に嫌悪感を抱いてしまうという面で、蛙化現象をマイナスに捉える人が多いようです。

一方、「蛙化現象を経験して良かった」と回答した人の中には、「自分の好みや譲れないポイントがわかった」「相手の嫌なところに早めに気づけて、時間を無駄にしなくて済んだ」「人に対しての期待やハードルを低くして、根本的にもっと優しさを持とうと思えた」といった意見がありました。​

女性の方が蛙化現象を経験しやすい傾向に​

蛙化現象について「男女別」で調査したところ、女性は、蛙化現象を経験した人が約7割にも達しているのに対し、男性は、蛙化現象を経験した人が約4割という結果となりました。

男性の結果と約3割もの差が開いている理由として、調査結果(※1)では、「NGに感じる行動や言動があった」と回答した人が、女性は「75.6%」、男性は「57.6%」いることが判明しています。

女性の方が恋バナをすることや、恋愛ドラマ・漫画を見ることが多いため、恋愛への期待値が高く、相手の言動に対して生理的にNGと感じることが多いと考えられます。

一方で、調査結果(※1)で「価値観が合わなかった」と回答した人は、女性よりも男性の方が多いことが分かりました。価値観のズレは、異性との関係が深まってから直面することが多いため、男性は女性よりも蛙化現象の経験が少ない傾向にあると考えられます。​

※1:蛙化現象を経験したことがある(女性:69.4%、男性:45.4%)と回答している人の中で、さらに理由を回答した人の合計値から算出

マッチングアプリで、蛙化現象を経験した人は4割以上

恋活・婚活マッチングアプリ「CoupLink」を利用するユーザーに、「マッチングアプリで出会った相手に対して蛙化現象が起きた経験」を調査したところ、「43%」が「経験したことがある」と回答しました。

マッチングアプリを問わず、蛙化現象が起きた経験では「54.4%」があると回答しており、比較すると「10%程」しか変わらず、マッチングアプリで蛙化現象を起こす人は珍しくなくなっていることがわかります。​

最近ではマッチングアプリでの出会いが当たり前になっており、アプリ上での印象と、実際に出会った時との差を感じる人が多いのではないかと考えられます。​

「マッチングアプリで出会った相手に対して蛙化現象が起きた経験」がある人の中で、「蛙化現象の原因」を調査したところ、「メッセージでやり取りをしていた時の雰囲気と実際の雰囲気が違った」と回答した人が1位であることがわかりました。

プロフィールとメッセージでしか確認ができないマッチングアプリならではの蛙化現象の起こり方と言える結果となりました。また第2位は「価値観が合わなかった」、第3位「外見のイメージが違った(見た目、ファッション)」、第4位「理想と現実で、期待値によるギャップがあった」という結果となりました。​

この結果の背景には、マッチングアプリの特徴の一つでもある、出会うまでにいくつかの段階があることが考えられます。「いいね」をしたタイミングから「マッチング後」、また「対面」での出会いに至るまで、印象が変わる節目がある度に印象がアップデートされることが考えられます。​

対策は「理想像を高めすぎない」​「正直に自己表現する」

恋愛・婚活マッチングアプリ「CoupLink」を利用するユーザーに、「マッチングアプリを利用する際に、蛙化現象を防ぐための方法として、最も効果的だと感じるもの」を調査したところ、「相手への理想像を高めすぎないこと」が第1位、「正直に自己表現すること」が第2位ということがわかりました。

第1位の「相手への理想像を高めすぎないこと」では、マッチングアプリでは多くの人と同時並行でやり取りを行うことができる分、相手への理想像が高くなってしまいがちです。理想を描くことは重要ですが、自分にとって本当に必要な条件なのかどうかを一度見直してみるのも良い機会になるかもしれません。​

また、第2位の「正直に自己表現すること」では、​マッチングアプリではプロフィールやメッセージでのやり取りを誇張せずにありのままの自分を出すことが重要だと言えるでしょう。​

相手の期待に影響を与える要素は「プロフィール」と「メッセージ」​

マッチングアプリでは、会うまでに「プロフィール」と「メッセージ」でのみ情報がわかるようになっています。そのため相手に悪い印象を与えないために、しっかりとプロフィール項目の記入と、なるべく加工をしていない最新の写真を登録すると良いでしょう。

またメッセージでは自分の話をするだけではなく、相手にも話を振ってみるのも重要です。​

【調査概要】​

調査期間:2023年10月26日〜10月31日​
調査方法:Webアンケート​
調査対象:恋活・婚活マッチングアプリ「CoupLink」ユーザー​
調査人数:1,741名(一般会員:1,091名、人気会員:650名)​

(エボル)

 

※この記事は2023年12月24日に公開されたものです

エボル

ネットを中心にさまざまなサービスやビジネスを創造する企業。特にコンテンツ開発分野においては、さまざまな分野で活躍する多彩なライター陣と経験豊かなエディターを中心に各ネットメディア向けて最適化された、品質の高いコンテンツを企画制作しています。マイナビウーマンではニュース記事を担当。
https://e-vol.co.jp
https://pro-web.jp

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#トレンドニュース」をもっと見る

MORE

SHARE