お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

20代〜30代女性が選ぶ「恋人に求める愛情表現」TOP10

#トレンドニュース

エボル

HiClubが提供するSNS「GRAVITY(グラビティ)」は、20代〜30代女性のユーザーへ「恋人に求める愛情表現」に関するアンケート調査を実施し、その結果を発表しました。

長続きするカップルが実践している愛情表現とは?

心でどれだけ相手のことを想っていても言葉や行動にしないと伝わらないことも多いですよね。愛情表現のポイントは、恋人の言葉や行動から“安心感・大事にされている感があるか”、“愛情を感じるか”にあるようです。

そこで今回は「恋人に求める愛情表現」について調査。愛情表現が苦手だなと感じている人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

第1位 愛情を言葉にする

“愛情”は時にはちゃんと言葉にしないと伝わらない場合もありますよね。

・「変な駆け引きとかなしに何でも素直に伝えてくれる事が本当に心を開いてくれているんだなって思える」
・「言葉にしてくれるとうれしいし安心する」
・「物より、行動より口から出る言葉で安心させてほしい」
・「行動よりも言葉がいちばん心に響く」
・「言葉でコミュニケーションをとることが長続きする秘訣」
・「信頼は言葉や行動に伴っていると思う」
・「素直な感情表現をみせてくれることが信頼されているように思う」
・「言葉にしてくれないと伝わらない」

との声が集まりました。好きな人になら毎日とは言わずともたまには”好き”、”愛している”など愛情を言葉でストレートに伝えて貰えるとうれしい上に安心しますよね。

第2位 2人だけの時間を作る

社会人になるとお互い忙しく、予定を合わせるのが難しくなったりします。

・「一緒にお出かけしたり、家で過ごしたり、電話など自分を考えている時間も私に時間をくれていることがうれしい」
・「お金よりも時間の方が貴重だと思うし、その貴重な資源を割いてくれるのに愛情を感じる」
・「時間は一番のコストだと思うから、それをかけてくれるってことは愛されているなって思える」
・「大切な時間を自分に使ってくれることが最大の愛」
・「自分に時間を割いてくれている事は、自分の事をよく考えてくれているということで、愛されている実感が沸きやすい」
・「時間割いてくれる=大切に思ってくれている感じがする」
・「相手がこちらの都合にもあわせてくれない場合は都合のいい相手としか思われてないと感じて冷める」

との声が聞かれました。忙しい中でも、自分のためだけに時間を割いてくれていると思うと、相手が自分を大切にしてくれていることを実感できるのかもしれません。

第3位 スキンシップ

スキンシップが少ないと相手が自分のことを好きでいてくれているのか、不安になってしまうこともあるかと思います。

・「ハグや手をつなぐことで落ち着くし改めて好きだなと思う」
・「スキンシップがあると幸せな気持ちになる」
・「いちばん求められていると感じる」
・「言葉も欲しいけど、行動がいちばん内面の思いが表れやすい」
・「お互いスキンシップがあると安心できる」
・「口ではなんとでも言えるから態度で示されたい」
・「好きな人とはくっついていたい」
・「愛されてる感がある」
・「スキンシップがないと付き合ってる意味が無い」
・「いちばん落ち着くし幸せな気持ちになる」

との声が。触れ合うことでより大きな愛情を感じながら、安心感を得ることができるのかもしれません。

第4位 会話を大事にする

・「言葉の大切さを分かっている人なら、何があっても話し合いができる」
・「小さいことから大きなことまで、とにかく些細なことでもコミュニケーションがすごく大切」
・「特別な時間だけじゃなくて、日常生活を一緒に積み重ねていきたい」
・「何気ない時間まで楽しい相手は貴重だから、特別感がある」
・「社会人だと仕事があり、会う頻度も少ないので日々の会話を大切にしたい」
・「些細なことにもちゃんと気を配ってくれる人がいい」
・「自分との会話を覚えていてくれると“ちゃんと貴女のことを意識してるよ。大切にしているよ。”と暗に言われている気がしてとてもうれしいから」

との声がよせられました。日常的な会話に相槌を打ってくれたり、質問をしてくれたりなど、些細なことかもしれませんが自分に関心を向けてくれる点に愛を感じ、より恋人に惹かれるのかもしれません。

第5位 感謝の心

“親しき仲にも礼儀あり”ということわざがあるように、親しい間柄でも、思いやりも持った行動を大切にするべきなのかもしれません。

・「親しき仲にも礼儀ありだと思うし、お互いに感謝を伝えあうことで良好な関係を築けると思う」
・「大切な相手だからこそどんなに小さなことでも感謝の言葉はお互いに口にしたい」
・「感謝の気持ちを相手に伝えるのがいちばん大事」
・「お互いに感謝し合える関係が素敵」
・「感謝の心があるかどうかが、関係性が当たり前じゃないって思えるきっかけになるんじゃないかと思った」

との声が。相手が自分にしてくれる些細なことも当たり前と思わずいつも“ありがとう”という感謝の気持ちを持てるとすてきですね!

第6位 甘えさせてくれる

大人になるにつれて周りに気を遣い、人に甘えることが難しくなってきますよね。

・「普段人に甘えない分恋人には甘えたい」
・「甘やかしてほしい」
・「わがまま言えるの彼だけ」
・「自分を受け入れてほしい」
・「気を許せる関係が理想」
・「素を見せれる人がいい」
・「感情のアップダウンが激しいのでダウンしてる時も許して欲しい」
・「人に甘えるのが苦手」

との声が集まりました。疲れた時や気分が落ち込んだ時に優しく甘えさせてくれる恋人は、自分にとって安らぎや癒やしの存在であり、良き理解者のようです。

第7位 まめな連絡

恋人から連絡がなかったり、返信が遅かったりすると不安に感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

・「私が連絡頻度が多いため、相手が少ないと不安になる」
・「連絡がまめなのがいちばん安心する」
・「マメに話せるタイプじゃないとつまらないし、会話がなりたたない」
・「連絡をマメにしてくれる人の方が気にしてくれてるんだなとか思って安心する」
・「常に意識してくれてることが分かる」

との声が集まりました。会う時間が取れない時も、こまめに連絡をくれて安心感で包み込んでくれるような恋人が理想的ですね。

第8位 私ファースト

できれば恋人の中での自分に対する優先順位が高いとうれしいですよね。

・「それぞれ別の生活がある中で、相手のために自分の時間を使おうという気持ちは愛情」
・「自分が1番なんだって分かると安心するしキュンとする」
・「自分が相手を優先する方なので、相手からも優先してもらうとうれしい」
・「女は自分が何より1番じゃないと愛されてるとは感じない」
・「何より優先してくれる事によって付き合っている意味を感じる」

との声が聞かれました。恋人の気持ちや都合を尊重してくれるなど、私ファーストな恋人の真摯な行動にキュンとさせられてしまうようです。

第9位 記念日を大切にする

誕生日や記念日などの2人のイベントを大切にするのも愛情表現の一つです。

・「いろんな記念日がある中で、自分との思い出を大切にしてくれてる感じがする」
・「自分の事を真剣に考えてくれてるんだと伝わるからうれしい」
・「愛情が分かりやすい行為」
・「大事にされてるのが実感出来る」
・「毎日が楽しくなる」
・「喧嘩しても年に1度は祝うことは大事」

との声が。愛情表現が苦手な人ほど、実は特別な日をしっかり覚えていてくれているかもしれません。

第10位 私の話を聞く

・「大事な話も聞いてくれないと困る」
・「理解し合うには会話が大切」
・「会話のキャッチボールが大事」
・「自分に興味を持ってくれていると感じる」
・「向き合ってくれてると感じる」
・「お互いのことが分かる」

との声が集まりました。自分の話を真剣に聞いてくれて、仕事の愚痴や不安にも耳を傾けてくれる恋人がいると安心して心強いですよね。

調査概要

『20代〜30代女性が選ぶ!!「恋人に求める愛情表現TOP10」』

集計期間:2023/10/17〜10/22
有効回答数:20〜39歳  女性 610名

(エボル)

※この記事は2023年12月12日に公開されたものです

エボル

ネットを中心にさまざまなサービスやビジネスを創造する企業。特にコンテンツ開発分野においては、さまざまな分野で活躍する多彩なライター陣と経験豊かなエディターを中心に各ネットメディア向けて最適化された、品質の高いコンテンツを企画制作しています。マイナビウーマンではニュース記事を担当。
https://e-vol.co.jp
https://pro-web.jp

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#トレンドニュース」をもっと見る

MORE

SHARE

投稿は利用規約に遵守の上お願いします。