お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

眉毛ハサミの使い方! 失敗しないポイント3つ

BEAUTY MANIA

眉毛ハサミの使い方がよく分からないまま、我流で整えていませんか? きれいな眉をつくるためには、道具の使い方をしっかり知っておくことが大切です。今回は、眉毛ハサミの使い方を解説します。

眉毛をハサミでカットしていて、「短く切りすぎた!」「一部薄くなってしまった!」といった失敗をしたことはありませんか?

眉のカットがうまくいかないと、メイクしづらくなったり仕上がりが不自然になったりする場合も。

このようなトラブルを避けてきれいな眉をつくるためには、道具の使い方をしっかり知っておくことが大切です。

そこで今回は、眉毛ハサミの使い方を解説します。

眉毛ハサミの使い方! 失敗しないポイント3つ

それではさっそく、眉毛ハサミの使い方を解説します。以下のポイントを押さえれば、失敗が少なくなるはずですよ!

(1)事前に眉メイクをする

すっぴんの状態でいきなり眉毛にハサミを入れると、どこを目印にして良いのか分かりにくく、切りすぎたり左右非対称になったりする恐れがあります。

そうならないよう、カットする前は事前に眉メイクを施すことが大切です。

特に、眉毛の形を大幅に変える時や伸び放題だった毛をお手入れする時は、現状と理想の眉が大きくずれている可能性が高いので、メイクしてから切ると失敗しにくいでしょう。

(2)眉毛ハサミを正しい向きで持つ

眉毛ハサミの多くは、先端が反り返っています。

刃先が自分側を向いていると危険ですしカットもうまくいきません。先端の方向を確認し、肌に当たらないよう持ちましょう。

(1)で描いた眉のライン外に生えている毛を切る時は、ハサミが正しい向きになるよう肌へ軽く押し当てると、ぐらつきにくくなり狙った場所への命中率がアップします。

(3)長さの調整時はスクリューブラシやコームを使う

眉毛が伸びているからといって一気に短く切ると、濃さにムラができたり全体がのっぺりした印象になったりする恐れがあります。

それを防ぐには、少しずつカットすることが大切。毛流れが乱れていると必要以上に切ってしまう可能性があるため、事前にスクリューブラシでとかしましょう。

全体的に長さを調整する時は、コームを使います。眉頭へは上向き、眉山~眉尻へは下向きにコームを当て、理想とする眉のラインからはみ出た分だけ慎重にカットしてください。

眉毛ハサミの使い方を覚えて美眉に近づこう!

きれいな眉は、その人の印象をさらにアップさせてくれます。そんな美眉に近づく方法の1つが、眉毛ハサミの使い方を覚えること。

慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、最低限今回扱った3つのポイントを押さえておけば、失敗が減るでしょう。

次に眉毛をお手入れする時は、ぜひ本記事で紹介したハサミの使い方を意識してみてくださいね。

(文/#BEAUTY_MANIA、ヘアメイク/atelier haruka CREATION 竹迫実華)

※画像は一部イメージです

※この記事は2022年09月01日に公開されたものです

BEAUTY MANIA (美容専門編集プロダクション)

自分磨きを楽しむ女性達に向けて、明日から試せる美容情報・ビューティーライフハックを発信。

「昨日より今日。今日より明日の私がもっと好きになる。」をテーマに活動中。

この著者の記事一覧 

SHARE