お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

トッピング3つ!? ゴンチャ新作「Queen’s Milk Tea」が贅沢すぎた

#トレンドニュース

マイナビウーマン編集部

ゴンチャ ジャパンは2022年9月1日より、いつもより贅沢に仕立てた「ミルクティー」を使った「Queen’s Milk Tea」(HOT/ICED)と「Queen’s Frozen Tea」を期間限定で発売開始しました。今回は、マイナビウーマン編集部・まっつんがひと足お先に飲み比べした様子をレポートします!

日本上陸7周年を記念した贅沢なミルクティー

2022年9月、日本上陸7周年を迎えたゴンチャ。そんなゴンチャが7周年にふさわしい特別感のあるお茶としてセレクトしたのは、世界三大紅茶の一つとしても知られる「キームンティー」。蘭や薔薇の花をも想わせる香りが特徴で、英国王室で女王の誕生日に飲まれるお茶としても知られています。

この「キームンティー」を使用した「ミルクティー」に、香り高い特製「ブラックティーゼリー」、根強い人気の「パール」、まろやかな口あたりとほのかな塩みがくせになる「ミルクフォーム」の3つが贅沢にトッピングされています。早速、飲んでみたいと思います!

Queen’s Milk Tea(クイーンズ ミルクティー)

まずはストローを刺して混ぜずにそのまま。華やかなミルクティーの香りがすっと鼻を抜けていきます。深い紅茶の味と香りがするのに、すっきりとして飲みやすい! 渋みもなく、まろやかな口当たりでぐいぐい飲み進めてしまいます。

さらに、ミルクフォームを混ぜて飲むことで、ミルクティーがよりまろやかに変身! どんどん味が変化していくので飽きずに飲むことができました!

そして、上に乗っている「カラメルクランチ」にも注目。まろやかな味わいのミルクティーに、香ばしい風味とザクザク食感がアクセントになっています!

Queen’s Frozen Tea(クイーンズ フローズンティー)

お次はまだまだ暑いこれからの季節にぴったりの「Queen’s Frozen Tea」。

「キームンミルクティー」を、シャリっとなめらかなフローズンティーにしています。こちらは初めから華やかな紅茶の香りとミルクがきちんと混ざり合っており、まろやかな風味が広がります。

もちもちパールのおいしさはもちろんのこと、ブラックティーゼリーからも紅茶の香りがふんわりと漂い、ドリンク全体で紅茶を楽しめる贅沢な味わいです。

また、ブラックティ―ゼリーは、他のドリンクにも+90円でトッピング可能。HOTも含め全てのメニューにトッピングOKとのことなので、ぜひカスタマイズを楽しんでみてください!

香港飲茶の定番をティーのお供に!

ゴンチャでは、ドリンクと一緒に楽しむフードメニューも用意されています。今回は新メニューとして8月25日から一部店舗で発売された「叉焼メロンパン」と、5月26日から発売されている「胡椒餅」を紹介します!

「叉焼メロンパン」(350円)のクッキー生地に包まれているのは、 こだわりのタレに一晩じっくり漬け込んで吊るし焼きにした豚バラ肉を使った、甘塩っぱい餡。ゴロゴロと大きな豚バラ肉で、満足感のある一品です。

「胡椒餅」(330円)は、胡椒をたっぷりと効かせたネギ入り豚まんじゅうを、サクッとした生地で包み焼きにした、台湾でポピュラーな屋台フード。食欲をそそる辛さがやみつきになりそうです!

ミルクティーはもちろん、さっぱりとストレートティーにも合いそうなフードです。1つ食べるだけで満足感があるので、小腹が空いた時や、軽い食事としてもおすすめです!

お茶好きに飲んで欲しい! ゴンチャのこだわりを詰め込んだドリンク

タピオカブームによって有名店となったゴンチャですが、元々は上質な茶葉で淹れたティーをカジュアルに楽しむ方法を提供する“グローバルティーブランド”として誕生しました。

茶葉のセレクトや抽出方法、お湯の温度や時間の管理など、徹底的にこだわり抜いたティーは絶品。だからこそ、ミルクティーにこだわった「Queen’s Milk Tea」「Queen’s Frozen Tea」は、お茶が好きだという方にぜひ飲んで欲しいドリンクです。

頑張った自分へのご褒美に、いつもよりちょっと贅沢なミルクティーを味わってみてはいかがでしょうか。

商品概要

Queen’s Milk Tea ICED:M/HOT:S
Queen’s Frozen Tea FROZEN:M

販売価格:各640円
※ブラックティーゼリー トッピングは+90円
販売店舗:国内ゴンチャ全店(岐阜又丸店を除く)
URL:https://www.gongcha.co.jp/queens2022/

(取材・文:まっつん/マイナビウーマン編集部)

※この記事は2022年09月01日に公開されたものです

BACKNUMBER 「#トレンドニュース」をもっと見る

MORE

SHARE