お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

どうしたらいい? 仕事がめんどくさいと感じた時の対処法

佐矢りん(sayareen)

働く人であれば一度は「仕事がめんどくさい」と感じたことがあるのでは? 今回は仕事がめんどくさいと感じる理由とその対処法、仕事がめんどくさい時にこそ心掛けたい注意点などを紹介します。

社会人なら一度は「仕事がめんどくさい」と思ったことがあるのではないでしょうか?

一時的な感情であればいいのですが、長期間面倒な気持ちを抱えながら仕事をするのは心身の健康に良くありません。

この記事では、仕事をめんどくさいと思ってしまう理由とその対処法、また、仕事がめんどくさい時に注意すべきことを紹介します。

なぜ? 仕事がめんどくさいと感じる理由

ここでは、仕事がめんどくさいと感じてしまう理由を解説します。

(1)仕事がつまらないから

仕事内容が単純すぎる、全く興味がないなど、仕事自体がつまらないと「めんどくさい」と感じるようになります。

たとえ職場の環境が良くても、業務に魅力を感じなければモチベーションを維持できず、「めんどくさい」という気持ちが高まっていくでしょう。

(2)疲れがたまっているから

心身に疲労がたまっていてやる気が出ない場合も、仕事をめんどくさく感じます。

残業が多い、休日にしっかり休めていないなど、疲労が蓄積しやすい働き方をしていませんか?

休日出勤が続くと特に疲れやすいため、繁忙期は疲労に注意が必要です。

(3)人間関係が大変だから

職場の人間関係の面倒さが、仕事をめんどくさいと感じることにつながっていることもあります。

・職場に苦手な人がいる

・オフタイムの交流が多い

・社内での競争が激しい

・チームワークが非常に重視される職場で働いている

上記に当てはまる場合は、仕事自体ではなく人間関係が原因でめんどくさいと感じているのかもしれません。

(4)給料が安いから

仕事の内容や量に見合った給料を受け取っていない場合も、待遇への不満から「めんどくさい」という気持ちに発展しがちです。

給料の不満は仕事へのモチベーションに影響しやすく、仕事をする意義を見失ってしまうこともあります。

(5)会社が遠いから

会社が自宅から遠い場合、通勤時間が長いため仕事が面倒になることがあります。

出社時間に間に合わせるために早起きをしたり、帰宅まで時間がかかったりと、通勤時間が長いと体力を消耗します。

慣れたつもりでいても、本当は会社の遠さに嫌気がさしているのかもしれません。

(6)会社で正当に評価されていないから

仕事を頑張っているのに正当に評価されていないと、何をしても「めんどくさい」と感じてしまいます。

成果を出しているのに給料が上がらない、昇進しないなど、会社からの評価を不満に思っていませんか?

努力が結果に表れないと、モチベーションの維持は困難でしょう。

仕事がめんどくさい時の対処法は?

ここからは、仕事をめんどくさいと感じた時の対処法を紹介します。

(1)とりあえず作業を始める

「めんどくさい」と思っても、とりあえず仕事に取り掛かってみましょう。やりたくないことでも、やってみると意外と作業に集中できることがあるからです。

やる気を出すためにはまず手足を動かしたり、資料を読んで考えたりして、頭が回転するように働きかけてみましょう。

(2)小さなゴールを設定する

仕事を分けて小さなゴールを作ることで、作業に取り掛かるハードルが低くなり「やりたくない」という気持ちを軽減できます。

例えば、「プレゼン資料を作る」ではなく「○○のデータを用意する」「結論部分を完成させる」など、仕事を細分化してみましょう。

(3)完璧を目指さない

仕事へのモチベーションを保つために、仕事を完璧にこなそうと意識しすぎないようにしましょう。

常に100%の力で仕事をするのは、誰にとっても難しいことです。精神的なゆとりを作るために完璧主義をやめ、細かい部分にこだわらないように意識してみてください。

(4)自分へのご褒美をあげる

自分へのご褒美はモチベーションの維持に効果的です。

「毎週水曜日のランチは好きなレストランに行く」「月曜の仕事終わりはヨガに行く」など、仕事の他に楽しみを見つけましょう。

「これを頑張れば思い切り楽しめる」という状況をつくってみてください。

(5)しっかり休む

休める時はきちんと休んで心身の疲れを取りましょう。

仕事の合間に休憩時間をしっかり確保することも大切です。休憩を挟むことで、完全に疲労から回復はできなくてもリフレッシュはできます。

仕事がめんどくさいと思った時に注意すべきことは?

ここでは、仕事がめんどくさいと感じた時に注意することを紹介します。

人間関係はおろそかにしない

仕事がどんなに面倒でも、人間関係は大切にしましょう。

人間関係にまで「めんどくさい」という気持ちを持ち込むと、同僚や上司との関係が悪くなり、ますます仕事のやる気がなくなってしまうかもしれません。

周りと無理に仲良くしようとする必要はありませんが、否定的なことばかり言ったり、暗い表情をしたりしすぎないように気を付けましょう。

つらいなら転職を検討する

どうしても仕事が面倒でつらい時は、転職を検討するのも1つの選択肢です。

「めんどくさい」という気持ちを長期間我慢しながら仕事をしていると、自覚のないままにストレスがたまって体調を崩してしまうかもしれないからです。

人間関係や会社の評価制度などは自分の努力で簡単に変わるものではありません。転職が必要な場合もあるので、つらいなら我慢せずに新しい環境へ移ってみましょう。

仕事がめんどくさい時は自分の気持ちを分析してみよう

仕事がめんどくさいと思う理由は多数あります。場合によっては行動を変えれば解決できる可能性があるので、まずはなぜ「めんどくさい」と感じるのか考えてみましょう。

ストレスにより体調を崩すこともあるので、自分の気持ちを無視せず冷静に分析することが大切です。

(佐矢りん)

※画像はイメージです

※この記事は2022年08月05日に公開されたものです

佐矢りん(sayareen)

国際恋愛中の20代後半女性。メーカーや広告代理店勤務をへて、デジタルノマドに憧れフリーライターに。宗教的な価値観と現代的な生き方の間で悩みながら育ち、今も自分らしい生き方を模索中。高校生の時にジェンダーやセクシュアリティに興味を持ち始め、より深く学ぶため大学時代にアメリカへ留学。フェミニズムと出会う。将来は海外でのんびり暮らしたい。

この著者の記事一覧 

SHARE