お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

チャクラとは何? 7つのチャクラの位置と意味、整え方を簡単に解説

LIB_zine

チャクラとは、スピリチュアル的にエネルギーが出入りする場所であり、位置によって7つの種類と意味があるといわれています。このチャクラを整えエネルギーを解放するにはどうすると良いのでしょうか? この記事では、それぞれのチャクラの意味と特徴、整え方などを簡単に紹介します。

「チャクラ」という言葉を聞いたことはありますか? ヨガやアーユルヴェーダ、瞑想に興味がある方は、耳にする機会も多いかもしれません。

しかし、直接目で見えるものではないため、いまいちピンとこない人もいるでしょう。

この記事ではチャクラの意味と7つの種類それぞれの役割について解説します。

またチャクラの整え方についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

チャクラとはエネルギーの出入り口

 

チャクラとは、サンスクリット語で「円」や「円盤」「車輪」を意味する言葉です。

人間には7つのチャクラがあり、そこは「エネルギーが出入りしている場所」だといわれています。

この7つのチャクラを中心にして、グルグルと車輪を回すようにエネルギーが循環しているのです。

第1チャクラから第7チャクラまでにはそれぞれ役割や特徴があり、精神的・肉体的に不調を感じる時はどこかのチャクラがうまく機能していない可能性もあります。

エネルギーを循環させるには、それぞれのチャクラを整えることが大切です。

 

7つのチャクラの位置と役割一覧

人間には7つのチャクラがあり、それは脊柱の基底から頭頂まで一直線上に並んでいます。

ここでは、第1チャクラから第7チャクラまで、それぞれの特徴と役割、整え方を紹介します。

第1チャクラ:ムーラダーラ

・チャクラの位置……脊柱の基底、肛門と生殖器の間である会陰部

・チャクラの色……赤色

第1チャクラ(ムーラダーラ)の位置と役割

第1チャクラのムーラダーラは、サンスクリット語で「根を支える」という意味を持ちます。

肛門と生殖器の間である会陰部にあり、心の活力や安定、生命力、集中力をつかさどるチャクラです。

第1チャクラ(ムーラダーラ)を整えるとどうなる?

第1チャクラが整っていると、どっしりとした土台がつくられ、心身の安定感が得られます。

第1チャクラ(ムーラダーラ)が乱れるとどうなる?

第1チャクラが乱れている場合は、不安感や居場所のなさを感じたり、落ち着きを失ったりするといわれています。

第1チャクラ(ムーラダーラ)の整え方

第1チャクラを整えエネルギーを高めるためには、大地を直接感じること(アーシング)が大切です。

例えば、ガーデニングや農業をしたり、自然が豊かな場所へ行ったりすることなどがおすすめ。

また、グラウンディングも非常に重要です。グラウンディングとは、地球と自分のつながりを感じて「今ここ」を意識すること。両足をしっかりと地面につけて、深呼吸をしながら瞑想してみてください。

第1チャクラは全てのチャクラの土台となるもの。まずは、この第1チャクラをしっかりと整えておくが、他の6つのチャクラを整える上でポイントになります。

第2チャクラ:スワーディシュターナ

・チャクラの位置……丹田(へそ下10cm)

・チャクラの色……オレンジ

第2チャクラ(スワーディシュターナ)の位置と役割

第2チャクラのスワ―ディシュターナは、へそ下10cm辺りの丹田にあり、生きる喜びやセクシャリティ、創造性、芸術性をつかさどるチャクラです。

第2チャクラ(スワーディシュターナ)を整えるとどうなる?

第2チャクラが整って活性化されると、喜びや魅力にあふれ、また芸術的なセンスが発揮されます。

第2チャクラ(スワーディシュターナ)が乱れるとどうなる?

第2チャクラが乱れていると、決断力が鈍って行動力が低下したり、他人と距離を置きたくなったりするでしょう。

第2チャクラ(スワーディシュターナ)の整え方

第2チャクラを整えるには、芸術的なものに積極的に触れることが大切。美術や映画鑑賞、文学などさまざまな芸術に触れてみましょう。

また、第2チャクラはへその下あたりに位置する丹田にあるため、そこを意識して腹式呼吸を行うことも効果的です。

第3チャクラ:マニプーラ

・チャクラの位置……へそとみぞおちの間

・チャクラの色……黄色

第3チャクラ(マニプーラ)の位置と役割

第3チャクラのマニプーラは、へそとみぞおちに間にあり、決断力やポジティブな思考、自己肯定感をつかさどるチャクラです。

第3チャクラ(マニプーラ)を整えるとどうなる?

第3チャクラが整っていると、自己肯定感が高まり、強い意志や前進する力がみなぎってきます。

第3チャクラ(マニプーラ)が乱れるとどうなる?

第3チャクラが乱れると、弱気になったり、決断力が鈍ったりするといわれています。

第3チャクラ(マニプーラ)の整え方

第3チャクラを整えるには、チャクラの色である黄色を意識することがポイントです。

例えば、黄色のものを身につける他、太陽の光を浴びたり、キャンドルや焚火で火を眺めたりすることなどが効果的。

また第3チャクラは喜怒哀楽をつかさどるチャクラでもあるため、よく笑い、感情のバランスを整えることも良いでしょう。

第4チャクラ:アナーハタ

・チャクラの位置……胸の中心

・チャクラの色……緑色

第4チャクラ(アナーハタ)の位置と役割

第4チャクラであるアナ―ハタは両胸の間にあり、「ハートチャクラ」とも呼ばれています。

他人に対する愛情、友情、思いやりをつかさどるチャクラです。

第4チャクラ(アナーハタ)を整えるとどうなる?

第4チャクラが整っていると、他人への愛情にあふれ、自分以外の人をあるがままに受け入れる包容力が高まります。

第4チャクラ(アナーハタ)が乱れるとどうなる?

第4チャクラが乱れると、社交性がなくなって内気になったり、人間関係に悩んだりする可能性があります。他人と自分との間に距離をつくって自分の内側にこもるようになってしまうのです。

第4チャクラ(アナ―ハタ)の整え方

第4チャクラを整えるには、排他的にならず他人に対して寛容になることです。

これまで「許せない」と感じていた負の感情を、洗い流すように解放してあげましょう。

長くあなたの内側に留まっていた負の感情が流れ出すことで、他人に対する無条件の愛を持てるようになるはずです。

第5チャクラ:ヴィシュッダ

・チャクラの位置……喉仏の下

・チャクラの色……青色、水色

第5チャクラ(ヴィシュッダ)の位置と役割

第5チャクラであるヴィシュッダは喉仏の下にあり、表現力やコミュニケーション力をつかさどるチャクラです。

第5チャクラ(ヴィシュッダ)を整えるとどうなる?

第5チャクラが整っていると、コミュニケーション力が高まり、他人と良好な関係が築けるようになったり、自分の思いを素直に伝えられるようになったりします。

第5チャクラ(ヴィシュッダ)が乱れるとどうなる?

第5チャクラが乱れていると、自己表現がうまくできなくなってしまうでしょう。言葉がのどに詰まるような感覚になる人もいるようです。

第5チャクラ(ヴィシュッダ)の整え方

第5チャクラを整えるためには、喉を解放するように心掛けることがおすすめです。

大きな声で歌ったり、言葉にして自分の思いを自己表現してみたりしましょう。

また普段から、思ったことを言葉で表現する癖をつけておくことも大切です。感情を声に出すことが難しければ、日記やSNSなどで表現することも良いでしょう。

そして、他人の悪口を言ったり、人の不幸を喜んだりする人とは距離を置くこともポイントです。

第6チャクラ:アージュニャー

・チャクラの位置……眉間

・チャクラの色……藍色

第6チャクラ(アージュニャー)の位置と役割

第6チャクラであるアージュニャーは眉間にあり、「第3の眼」「サードアイ」とも呼ばれます。

直感や第6感をつかさどるチャクラといえるでしょう。

第6チャクラ(アージュニャー)を整えるとどうなる?

第6チャクラが整っていると、物事の本質を見抜く力が高まったり、インスピレーションが降りてきやすくなったりします。

第6チャクラ(アージュニャー)が乱れるとどうなる?

第6チャクラが乱れていると、直感が鈍り頭で考えることが多くなる、想像力が低下する、他人に対して支配的になるといったことが起こる可能性があります。

第6チャクラ(アージュニャー)の整え方

第6チャクラを整えるには、朝日や夕日を浴びて太陽のパワーを感じることがおすすめ。

また第6チャクラは、電子機器をひんぱんに利用することで弱ってしまいます。1日のうちで、スマホやパソコンから離れて過ごす時間を設けるのも良いでしょう。

そして、頭で考えるばかりでなく、ひらめきや直感を大切にすることもポイントです。

第7チャクラ:サハスラーラ

・チャクラの位置……頭頂部のさらに上

・チャクラの色……紫色

第7チャクラ(サハスラーラ)の位置と役割

第7チャクラである頭頂部のさらに上にあるとされ、「クラウンチャクラ」と呼ばれることも。このチャクラは、悟りをつかさどるといわれています。

第7チャクラ(サハスラーラ)を整えるとどうなる?

「悟り」をつかさどるチャクラであるため、第7チャクラが整うことで、宇宙とのつながりを感じられるようになるでしょう。

第7チャクラ(サハスラーラ)が乱れるとどうなる?

第7チャクラが開花していないと、直感として自分へ送られたメッセージをキャッチできなかったり、スピリチュアルな能力から遠ざかってしまったりします。

第7チャクラ(サハスラーラ)の整え方

第7チャクラを開花させるには、第6チャクラまでを十分に整えることがポイントです。

そして瞑想に取り組み、宇宙との一体感を意識することで、第7チャクラを整えることができるでしょう。

7つのチャクラをバランスよく整えよう

人間には7つのチャクラがあり、これは精神的・肉体的に影響するエネルギーの出入り口と考えられています。

それぞれに役割や特徴がありますが、どれか1つが整っていれば良いというわけではありません。7つ全てのチャクラがバランスよく整えられていることで、あなたがより自分らしく豊かな人生を送れるようになるのです。

7つのチャクラの位置や特徴を理解して、チャクラが整う行動を意識してみてはいかがでしょうか?

(#LIB_zine)

関連する診断をチェック

【スピリチュアル度診断】気づいていない意外な能力があるかも?

※画像はイメージです

※この記事は2022年03月29日に公開されたものです

LIB_zine (スピリチュアル専門編集プロダクション)

LIB = Life is beautiful
zine = magazine

よりステキな人生を送りたい、悩める女性達へ。スピリチュアルに触れて、もっと前向きなあなたに。

この著者の記事一覧 

SHARE