お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ライトワーカーとは? 特徴と使命、ライトウォーリアーとの違い

LIB_zine

ライトワーカーとは、スピリチュアルの分野で「光の仕事人」という意味を持ちます。具体的にはどんな特徴がある人なのでしょうか? この記事では、ライトワーカーの使命や覚醒するきっかけなどについて紹介します。

ライトワーカーとは「光の仕事人」とも呼ばれ、不安や恐れを抱く人々を救うために生まれてきた人のこと。

希望の光のような存在であることから、ライトワーカーにはいくつかの特徴があります。

この記事では、ライトワーカーの特徴や使命について解説していきますので、ぜひあなたの身の回りにもそのような人がいないか探してみてくださいね。

もしかしたら、あなた自身がライトワーカーかもしれませんよ。

ライトワーカーとは

まずは、ライトワーカーの意味を確認していきましょう。

ライトワーカーとは「光の仕事人」

ライトワーカーとは「光の仕事人」という意味で、ネガティブな感情を抱く人たちに光を届ける存在です。

不安や恐れなどから人々を解放し、その人たちの光になるのがライトワーカーだといえます。

ライトワーカーの種類

ライトワーカーの中には、役割別に3つの種類があります。

(1)ヒーラー(癒やす人)

ライトワーカーの中でも一般的なのが「ヒーラー」という役割。

人だけでなく、動物や植物にも癒やしのエネルギーを与える存在です。

人々が抱く不安や憎しみ、恐怖などの感情を受け止め、癒してくれるのです。

(2)メッセンジャー(伝える人)

メッセンジャーとは、天からのインスピレーションを形にして人々へ伝える役割です。

ライトワーカーの中でも特に芸術性が高く、絵画、写真、歌などの作品を通してメッセージを伝えることがあります。

そして、芸術によって人々をネガティブな感情から解放しているのです。

(3)トランスミューター(変える人)

トランスミューターは、ネガティブな思考やエネルギーをポジティブに変換していく役割を持ちます。

直感的に前向きなエネルギーへと変え、人々に笑顔をもたらすのです。

ライトワーカーとライトウォーリアーの違い

ライトワーカーと似たスピリチュアル用語として「ライトウォーリアー」と呼ばれる人もいます。

ライトウォーリアーとは「光の戦士」を意味し、その使命は苦しんでいる人を守ること。

人々に光を与えるという点では、ライトワーカーと同じだといえますが、大きく異なる点はそのアプローチ法でしょう。

ライトワーカーは、不安を抱いている人に共感したり受け止めたりすることで、癒やしと救いを与えます。

一方ライトウォーリアーとは、不安や恐れを抱く人のことをパワフルな活動や戦いによって守るのです。

ライトワーカーとライトウォーリアーは同じ使命に向かっていて、互いに補完し合うような関係だといえます。

次ページ:ライトワーカーに与えられた使命

SHARE