お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

前戯は服を脱ぐ前から始まっている! ラブホの上野さんが解説

ラブホの上野さん

「前戯は大事」と聞いたことがあっても、実際何をすべきなのかよく分からない人もいると思います。そこで今回は、そもそも前戯とは何か、前戯で何をすべきかをラブホの上野さんに解説してもらいます。

皆さま、前戯についてお悩みではありませんか?

世の中にはさまざまなエロマンガがありますが、作品ごとにセックスの描き方は異なります。

ちょうど手元にあったマンガでは、キスから挿入までのシーンで実に16ページも使われておりました。ちなみにこれは1話26ページの作品ですので、実に全体の約60%が挿入前の愛撫やキスといった前戯で使用されているのです。

それでは、挿入してから絶頂まではどれくらいの長さなのでしょうか。なんと6コマ。6ページではなく6コマで御座います。

マンガの作者は、読者のニーズを汲んで挿入よりも前戯に多くのページ数を割いたのかもしれません。

それだけ重要視されていると言える前戯。しかし、実際は何を指して「前戯」というのかをご存知でしょうか? この記事では、前戯とは何か、前戯ですべきことを解説いたします。

そもそも前戯とは?

前戯と聞くと、愛撫やキスのような性的触れ合いを想像する方も多いでしょう。ちなみにWikipediaにもそう書いてありました。

もちろんそのような行為も重要で御座います。愛液が出る、心拍数が上がるといった生理的な意味での準備も必要だからです。

しかし、私はそういった直接的な触れ合いよりもムードをつくって気持ちを高めることが非常に重要な前戯の一部だと考えております。

とはいえ、「ムード」をつくるのが苦手という方もいらっしゃると思います。かく言う私もその1人で御座いました。

特に大学生の頃には、ラブホテルに入ったのにそういう雰囲気に持って行けず、セックスができなかったほろ苦い思い出も御座います。

ですがそこから経験を積んだ今となっては、ムードをつくるための前戯は決して難しいことではないと感じています。

次のページから、その方法を解説いたします。

次ページ:前戯でムードをつくるためにやるべきこと4つ

SHARE