お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

無理っ。「彼氏彼女の部屋でドン引きしたこと」ランキング1位は?

#トレンドニュース

ガラクティ

「恋人が部屋に来たあと、急によそよそしくなった」「恋人の部屋を見たら気持ちが冷めた」そんな経験ある人はいませんか?

ウェブスターマーケティングが運営するLoveMA(ラブマ)は、全国の男女500人を対象に「彼氏彼女の部屋でドン引きしたこと」についてアンケート調査を実施しました。

彼氏の部屋でドン引きしたこと

まず、女性361人に「彼氏の部屋でドン引きしたこと」を聞いたところ、1位は「部屋が汚い」で過半数を超える意見となりました。2位以下はかなり差が開いて「水回りが汚い」「元カノのものがある」と続く結果に。恋人を部屋に呼ぶ前には、部屋をきれいに掃除しておいたほうがいいかもしれません。

彼女の部屋でドン引きしたこと

同様に、男性139人に「彼女の部屋でドン引きしたこと」を聞いたところ、1位は女性と同じくダントツで「部屋が汚い」となり、2位も女性と同じで「水回りが汚い」という結果となりました。

男女とも、不潔さに引いてしまう人が多いことが分かります。また男性の3位には、女性では上位に入らなかった「年齢不相応な部屋」がランクインしました。

ドン引きした点を恋人に指摘・注意する人の割合

ドン引きした点を恋人に注意するかについては、5割以上の人が「指摘・注意する」と回答しました。さらに、「指摘する人」「指摘しない人」に具体的な理由や内容を聞いてみたところ、それぞれ以下のような回答があがりました。

指摘する人、しない人の具体的な回答

<指摘する人の回答>

・「何で元カノの写真が飾ってあるの?」とストレートに聞く(20代 女性)

・「一緒に片づけよう」とか「片づいた部屋の方が集中できるし気分が上がるよ」など言って、やんわり注意します(20代 男性)

・まずは片づけを手伝ってあげて、その後「ちゃんと片づけてね」と伝えてオシャレなゴミ箱とゴミ袋をプレゼントしました(30代 女性)

<指摘しない人の回答>

・指摘したら嫌われると思うから(20代 女性)

・ドン引きしたら別れるので、特に指摘や注意はしません(30代 女性)

・同棲や結婚するまでは、個々の感性で生きていけばいいと思っているから(30代 男性)

ドン引きが原因で恋人の部屋に行かなくなった人の割合

最後に「ドン引きが原因で恋人の部屋に行かなくなったことはありますか」と質問したところ、「ある」と答えた人は約4割という結果となりました。とくに部屋が汚くて臭く、注意しても改善されないと「汚いから行きたくない、泊まりたくない」と思ってしまうようです。恋人を呼ぶ前には最低限部屋をキレイにしておくことが大切かもしれません。

まとめ

男女500人にアンケートを実施した結果、「彼氏彼女の部屋でドン引きしたこと」の第1位は男女ともに「部屋が汚い」が圧倒的に多くなりました。

恋人を部屋に呼ぶ前には、「清潔か」「恋人が気分を害するようなものが、目につくところに置いていないか」をチェックすることを心がけるといいかもしれません。

調査概要

調査対象:全国の男女
調査日:20211223日~28
調査方法:インターネットによる任意回答
調査人数:500人(女性361人/男性139人)
調査対象者の年代:10 0.8%/20 31.8%/30 42.4%/4018.2%/50 6.8

 

(ガラクティ)

※この記事は2022年01月18日に公開されたものです

ガラクティ

コンテンツ制作やウェブサイト運営を行っています。ニュース記事、イベント取材やコラムなどを中心に、さまざまなジャンルの記事を執筆中です。
この著者の記事一覧 

SHARE