お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

デートの頻度はどれくらいが理想? 回数ごとのメリット・デメリット

#Lily_magazin

恋人との理想のデート頻度はどのくらいでしょうか? 特に社会人は休日が限られている中で、相手とどのくらいの頻度で会うべきか悩む人が多いもの。今回は、デートの頻度ごとにメリットやデメリットを解説。理想の頻度を探ってみてくださいね。

恋人とのデートの頻度に悩んでいる人は多いもの。特に社会人の場合、毎週末デートすべき? など、疑問に思うことが多いかもしれません。

一般的に、デートの頻度はどれくらいがベストなのでしょうか? デートの頻度ごとのメリット・デメリットを基に、2人の理想を見つけていきましょう。

理想のデート頻度はどのくらい?

理想のデート頻度は人それぞれ。中には「毎日でも会いたい」と感じる人もいれば、「週に1回会えれば十分かな」と感じる人もいるでしょう。

一般的に、どれくらいのデート頻度が理想なのでしょうか。ここからは、デートの頻度ごとにメリットやデメリットを解説していきます。

2~3日に1回

お互い仕事をしていると、なかなか毎日会うのは難しいですよね。「毎日は無理でも、なるべくたくさん会いたい」というカップルは、2~3日に1回デートをすることが多いようです。

職場や学校が同じ、家が近いなど、お互いに予定を合わせやすい環境ならばこのくらいの頻度でデートをしても良いかもしれません。

デートの頻度が高いことで、お互いへの理解がより深まりやすいのがメリット。しかし、お互い1人の時間も大切にすることが長続きの秘訣。頻度が高すぎていないかは、相手の様子をしっかり確認しましょう。

週に1回

週に1回というデート頻度の場合、お互いに休みが合う週末にデートをするカップルが多いようです。

土日休みであれば、1日はお互い自由に過ごす、もう1日は恋人と過ごすことで、体力的にも無理のない範囲でデートを楽しめるでしょう。週に1度であれば、お互い趣味に費やす時間や、友人と過ごす時間もしっかりとつくれるのもメリットです。

しかし人によっては「もう少し会いたい」「毎週末会うのは負担」と感じる可能性があるのがデメリットと言えるでしょう。

2週間に1回

お互いの休みがなかなか合わないカップルは、デートは2週間に1回ということも珍しくないかもしれません。

デメリットとしては、やや頻度が低いことで寂しく感じるかもしれないということ。しかしその分、毎回新鮮な気持ちでデートを楽しめるというメリットもあります。

また2週間空いていれば、お互いその間に仕事やプライベートでいろいろな出来事があったはず。久しぶりに会った時に、お互いの出来事を共有できる楽しみもあり、ちょうど良い頻度だと感じる人が多いかもしれません。

月に1回

遠距離恋愛や仕事の都合などで頻繁に会うことが難しい場合、月に1回のデートが限界かもしれません。

この頻度は決して高くはないので、月に1回のデートは、より特別感があるものになるはず。

デメリットとしては、会う頻度が少ないことで寂しさを感じたり、相手がいないことに慣れたりして関係を深めにくいこと。月に1回のカップルは、その分連絡を多く取るなど工夫する必要がありそうです。

次ページ:デートの頻度が少ない……。不安な時の対処法

SHARE