お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

動き回れる営業が好き。自由な働き方を楽しむ令和OL【vol.7 sayaka】

#令和版OL事情

マイナビウーマン編集部

マイナビウーマンの読者アンバサダー「はたらくmuse」は、読者と同じ等身大の働く女性。そんな彼女たちはどんな働き方をして、どんなアイテムを身に着けているのだろうか。令和を生きるOL事情をお届けします!

撮影:曳野若菜
取材・文:杉田穂南/マイナビウーマン編集部

会社の「花形」と言われることも多い営業。反対に、ノルマがあったりアポイントを取って外回りに出たりするのは大変そう……といったイメージも持たれがちな職種。

そんな営業が「自由で楽しい!」と話すのは、はたらくmuseのsayakaさん。

とうことで今回は、彼女が営業の仕事をどのように楽しんでいるのかたっぷりお話をうかがいました!

――まずは自己紹介をお願いします!

sayaka、28歳。

製薬会社の営業をしています。

――今の仕事を選んだのはどうして?

薬学部の出身で、医薬関係の仕事を選んでいる時に、ずっと育った岐阜で就職するのではなく、全国いろいろな場所に行ける仕事がしたいと思い、県外で転勤もある今の会社を選びました。

それと、自分自身も移動しながら働きたいと思ったので営業を希望しました。

――いろいろな場所に行きたいと思ったのはなぜ?

sayakaさん提供写真

例えば、転勤とかで地方に行くことになったとしても、そこで過ごしたら今までと違う楽しみが見つかるかもしれないし、そういう機会がないとその土地には一生住まないかもしれないじゃないですか。

旅行が趣味というのもあるんですけど、いろいろな場所に行って自分の目で見たり感じたりできるのは素敵だなと思っています!

――平日のタイムスケジュールを教えて!

基本的に毎日在宅勤務で、午前中に事務作業をして、午後は外回りに出ます。

仕事をする場所は自由なので、外回りの合間はカフェに入って仕事をしています。

作らないといけない資料がある時は21時くらいまで残業をすることもありますね。資料作りは結構こだわってしまうのと、家というのもあってダラダラと遅くまでやってしまうことが多いです……。

あと、次の日のアポイントで分からないことがないように前日の夜にしっかり知識を入れるようにしています!

――在宅勤務でオンオフの切り替えはどうしている?

切り替えはあまりできていないですね。

働く場所が自由だからこそ、半分仕事もプライベート化しているような感覚です。切り替えは大事だと思ってはいるんですけど、なかなか難しいです(笑)。

――外回りは大変?

いえ、外回りは自由なので好きです!

自分でスケジュールを組んで動くことができるので、私はそういう働き方が合っていると思います。

あと、外回りで近くのカフェに行って仕事をするのも好きで、営業先の近くのカフェをSNSで調べたり、行きつけのカフェをつくったりするのは楽しいですね。コーヒーを飲みながら仕事をしている自分も好きです(笑)。

――外回りをする時の持ち物を見せて!

sayakaさん提供写真

iPadと名刺はマストで持ち歩いています!

iPadの中には営業で使う資料が入っています。スケジュール帳は、元々、Rollbahnのメモ帳がとても書きやすくて使っていたのですが、スケジュール帳も発売されているのを発見して即購入しました!

――仕事に求めるものは?

やりがい。

新卒で入社してからずっとお金のために働いている感覚が強かったんですけど、コロナ禍で仕事の環境が変わったのをきっかけに考えが変わりました。

――どんな時にやりがいを感じる?

営業先の方と話している時に、「その情報が知りたかった」と直接言っていただいた時にやりがいを感じます。

コロナ禍で、営業先に行けず家でずっと一方的に資料を送付するだけという営業活動をやっていた時がすごくつらくて……。

自分は外回りに出かけて、実際にお会いしながら情報を提供するのが好きなんだなって思いました。同時に、それが相手のためになったと分かる瞬間にやりがいを感じることに気がつきました。

――ノルマに苦しめられることは?

苦しいと思うことはあまりないですね。

売上のノルマや、活動のノルマはもちろんあるんですけど、まずは自分に出来ることを地道に積み重ねています。

――営業の理想像はある?

多少のガツガツさがあって、論理的に物事を分かりやすく説明する「ザ・営業」っていう方にすごく憧れます。

でも、私にはそれができないので、私なりの営業スタイルを気に入ってくれる人もいると信じながらゆっくり丁寧に説明しています。

――仕事で悩むことはある?

悩むことしかないです(笑)。

この間も社内会議でプレゼンをすることがあったのですが、先輩と比べて自分のプレゼンの説得力の無さにショックを受けました……。

――悩んだ時はどうしている?

結構1人で悶々と考えるタイプです。自分の反省点を洗い出して、先輩の資料を見ながらもっとこういう風に資料を作ればよかったのかな、とか考えています。

――仕事をするうえで大事にしていることは?

自分の考えや意見をしっかりと相手に伝えること。新卒の時に上司から「会議で発言しない人は参加している意味がない」と言われて、そこから意識するようになりました。

――土日は何をしている?

土曜はアクティブにお出かけすることが多いです。日曜は家やカフェでゆっくり過ごしています。

――最近ハマっていることは?

お金の知識がない自分に焦りを感じて、お金の勉強を始めました!

まず何から始めようか迷っていたのですが、SNSで初心者におすすめの本を見つけて勢いで3冊購入しました! 今は自分の支出をしっかり把握するところから始めています。

――はたらくmuseになった理由を教えて!

コロナ禍で、営業活動ができずモチベーションが下がっていた時に、何か楽しいことや刺激が欲しくて応募しました!

――これからどんなことに挑戦したい?

今の会社には、応募すれば他の部署の見学や体験ができる制度があるので、それに積極的に参加しようと思っています!

まだ実際に何をやっているか分からない部署もあるし、例えば「人事」の部署であっても仕事の種類はたくさんあるだろうし、そういうのを実際に自分の目で確かめて視野を広げていきたいです。

そこで何かやりたいことが見つかればそれに向かって動いていきたいし、やっぱり自分は営業が向いていると思ったら営業を続ければいいと思っているので。

人生1回しかないからできるタイミングでいろいろ挑戦してみたいです!

“営業”という仕事に対して全力で取り組み、外回りや営業先の方とお話する機会を何よりも楽しんでいるsayakaさん。

だからといって、今の状況に満足するのではなく、「もっと向いている仕事があるかも」「もっとイキイキできるものに出会えるかも」という期待を持ち続け、新しいことに挑戦し続けるとても向上心の強い令和OLでした。

※この記事は2022年01月05日に公開されたものです

BACKNUMBER 「#令和版OL事情」をもっと見る

MORE

SHARE