お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【夢占い】猿の夢の意味は? シーン別暗示16選

夢占い

みくまゆたん(恋愛コラムニスト・占い師)

猿の夢は、ずる賢さや嫉妬心による悪影響を意味する警告夢である場合が多いです。しかし、状況によっては吉夢である可能性も。そこでこの記事では、占い師のみくまゆたんさんが、「白い猿」「猿に襲われる」など、猿の夢の意味を16のシーン別に解説します。

猿は頭が良く、私たちにユーモラスな姿を見せてくれます。一方、凶暴な猿は人間に危害を与える可能性もあります。

そんな猿の夢は、いったい何を意味しているのでしょうか?

そこでこの記事では、シーン・一緒に登場する動物別に、猿の夢の意味を紹介します。

猿の夢の基本的な意味

まずは、猿の夢の基本的な意味を見ていきましょう。

猿の夢は警告夢である場合が多い

猿の夢は、悪口や誹謗中傷、ずるさなどによってネガティブな影響を受ける可能性を示す警告夢である場合が多いです。

近いうちに誰かの誹謗中傷を聞かされたり、自分が悪口を言われたりするかもしれません。

あるいは、最近のあなたは自分が悪者にならないよう振る舞うなど、ずる賢くなりやすい状態にあるようです。

しかし、真面目で良い人ほど、人の内面をよく見ているもの。良い人間関係を築きたいなら、自分の利益ばかりでなく周りのこともよく考えましょう。

夢の中の猿が象徴するのは「ずる賢さ」

夢に出てくる猿は、スピリチュアルな意味では「ずる賢さ」を象徴しています。

また、「利益重視」「嫉妬心」「依存」「ストレス」「不倫や浮気」「エゴイズム」「中傷や批判」を意味する場合もあります。

この夢を見たあなたは、日頃から悪口や誹謗中傷に悩んでいたり、ずる賢さが災いとなって人とうまくコミュニケーションが取れなかったりと、運気が低下傾向にあります。

目の前にある利益を最優先するのではなく、人の気持ちを考えてから行動することで運気が改善していくでしょう。

次ページ:シーン別「猿の夢」の意味

SHARE