お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【TikTok】ライブ配信に関する条件は? 配信方法も解説

たむたむ

大人気動画共有アプリ「TikTok」では、全ユーザーにライブ配信の権利を付与していません。ライブ配信を行えるユーザーの条件とは一体どのようなものなのでしょうか。さらに、ライブ配信で活用できる機能についても解説していきます。

誰でも動画を世界に発信できる「TikTok」では、限定されたユーザーのみライブ配信ができるようになっています。

ライブ配信は唯一の収益化機能であり、認知してもらうのにも絶好の機能です。この記事では、ライブ配信を許可される条件について紹介していきます。

また、ライブ配信で活用できる機能についても解説しますので、ライブ配信ユーザーを目指して動画を作成してみましょう。

TikTokのライブ配信とは?

誰でも動画をアップできるSNSであるTikTokですが、ライブ配信機能は全てのユーザーに解禁されていません。

ここではまず、TikTokのライブ配信機能の基本情報を紹介します。

ユーザーとその場でコミュニケーションを取れる場所

ライブ配信をしなくても動画投稿は可能ですが、ライブ配信ならではのメリットがあります。それは、他のユーザーとリアルタイムでコミュニケーションを取れることでしょう。

TikTokを通じて他のユーザーと交流するには、コメント欄やダイレクトメッセージ、動画が挙げられます。しかし、これらの方法は一方的な交流になる場合や、やりとりに時間がかかる場合があります。

そこで、リアルタイムで互いに交流することができるのが、ライブ配信なのです。ネットの中でありながら、直接話しているかのような感覚を味わえることがメリットでしょう。

認知を広げるきっかけが期待できる


もう1つのメリットとしては、認知のきっかけになるということです。

TikTokはユーザーに合わせておすすめ動画を表示してくれます。ライブ配信がおすすめ動画として、まだ認知していないユーザーに届けられる可能性があります。

また、「レコメンド」の左上にはライブ配信のみをチェックできる機能があります。


「LIVE」をタップすると、ランダムでライブ配信を行っているユーザーが表示され、スクロールするとユーザーの切り替えができます。ここでまだ認知されていないユーザーから認知してもらうことができるかもしれません。

ライブ配信に特化したチェック機能があるため、認知の機会が増えるというのは大きなメリットでしょう。

唯一の収益化ができる機能

TikTokはYouTubeとは違って、動画を投稿することによる収益化はできません。TikTokでは、ライブ配信が唯一の収益化ツールとなっています。

ライブ配信者に向かって視聴者が投げ銭を行い、それを換金することによって収益化ができる仕組みです。

限られたユーザーしかライブすることができない

先述した通り、TikTokのライブ配信機能は一部のユーザーにしか解禁されていません。

TikTok側で定められた条件をクリアしたユーザーでなければ、ライブ配信やTikTokによる収益化はできないのです。

その条件については、次の項目で解説します。

次ページ:TikTokでライブ配信を行うための条件とは?

SHARE