お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

友達がいなくて寂しい。社会人が友達づくりを成功させるコツ

夏目椿(夏椿)

友達がなかなかできなくて寂しいと感じる人は意外と多いものです。社会人になると子どもの頃とは違い、なかなか機会にも恵まれないもの。どうすれば友達ができるのでしょうか? 本記事では、友達づくりのコツについて解説します。

社会人になり「友達がいなくて寂しい……」という方、そもそも人付き合いが苦手で「新しい友達ができない……」という方は少なくないでしょう。

休日や長期休みに遊んだり話したりできる友達がいなくて、1人の時間が多くなると孤独を感じてしまいますよね。

ここでは、孤独を感じる人の特徴や寂しいと感じる理由、友達をつくるコツも紹介していきます。

友達がいない、寂しい。孤独を感じる人の特徴

まず、友達がいなくて孤独を感じる人によくある特徴を紹介します。

(1)警戒心が強い

警戒心が強い人は、なかなか相手を信用せず自分のことを話しませんし、近づきたがらない傾向にあります。相手が自分のことを傷つけるのではないかと疑うあまり、攻撃的な態度を取ることもあるので、友達ができにくいこともあるでしょう。

(2)自分に自信がなく受け身

自分に自信がない人は「話しかけても迷惑だろう」「どうせ私なんか」と考えがちで、他人に積極的に関わろうとしない人が多いでしょう。受け身でネガティブな発言が多いので、関わった相手も疲れてしまい、友達がつくれないなんていうことも。

(3)出不精

「せっかくの休日は家で過ごしたい」と誘いを断ったり、出かけるのを面倒くさがって1人で家で過ごしていると、友達付き合いが疎かになります。これでは、新しい友達をつくるのも難しいでしょう。

(4)自己中心的でプライドが高い

自分のことばかり話して相手の話を聞かないなど、自己中心的でプライドが高い人の場合は周囲からだんだんと友達がいなくなってしまうでしょう。

自分の都合ばかり押し通せば、相手は嫌な気持ちになってしまいます。まずは人に寄り添う気持ちを持ってみると良いでしょう。

次ページ:友達がいなくて寂しいと感じる理由

SHARE